書籍・雑誌

2010.11.03

青春の5冊

日経ビジネスオンラインで岡康道氏と小田嶋隆氏の対談を読む。
「東大に行けば虚無でもいいのか?!
ーーー「されど 我らが日々ー」にダマされた日々

続きを読む "青春の5冊"

| | コメント (0)

2009.02.12

中春こまわり君

「坂フェチ」NさんのMixiのレビューで山上たつひこの新刊書を知る。Nさんは私より10歳若いのだが、「がきデカ」をリアルタイムで読んでいたという。中学生だったらしい。中学生だったらはまるか。

続きを読む "中春こまわり君"

| | コメント (0)

2009.01.19

danchuと吉本隆明

雑誌の定期購読は勝手に送られてくる学会や医師会の雑誌以外すべて中止している。雑誌は読みたい号だけ買う、これが一番。それでも、結局毎月コンビニやキオスクで買ってしまう雑誌がある。danchuである。

続きを読む "danchuと吉本隆明"

| | コメント (0)

2007.11.05

ランナーズ・ブルー

村上春樹の「走ることについて 語るときに 僕の語ること」を読んだ。実を言うと村上春樹の小説は読んだことがない。別に彼が嫌いなわけではなく、何となくご縁がなかった。

続きを読む "ランナーズ・ブルー"

| | コメント (0)

2006.11.02

中国語版育児雑誌

少し前に、取材に協力した「Baby-mo」の「育児の手抜き、これは○か×かという」という記事が中国語版となるので記事の転用の承諾をほしいという連絡があった。別に中国に見られたらまずい親戚もいないので「諾」の返事をしたら、早速中国語版の「Baby-mo」が送られてきた。

続きを読む "中国語版育児雑誌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.18

よくわかる、こどもの医学

ご近所のかねこクリニックの金子光延先生から御著書「よくわかる、こどもの医学」(集英社新書)を贈られた。サブタイトルが「小児科医のハッピーアドバイス」とある。

続きを読む "よくわかる、こどもの医学"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.05.18

重版

以前監修をした「わかりやすい赤ちゃんと子どもの家庭の医学」(ナツメ社) という家庭医学書がある。あんまり売れてなさそうで、クリニックでも置いてはあるがまだまだ在庫ありの状態だった。昨日、その本の編集元から連絡がある。重版になるので訂正する箇所があれば至急訂正箇所を送れというのもの。まあ、地味に売れていたようだ。

続きを読む "重版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.26

「小児科に行こう!」

横浜で小児科を開業している星川小児クリニックの山本淳さんが看護婦さんと共著で「小児科に行こう!」 という本を出版した。快著である。

続きを読む "「小児科に行こう!」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.05

ねこのきもち

「ねこのきもち」という雑誌がベネッセから発刊された。書店販売はなく、定期購読だけ。時々記事に協力している育児雑誌の「ボンメルシィ」と同じ販売形態だ。

続きを読む "ねこのきもち"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.09.25

本の「監修」という仕事

以前に「監修」した育児雑誌の付録冊子を単行本にする話があり、そのまま引き続いて監修することにした。もとの冊子は薬に関するものだが、病気の解説やホームケアについても追加することになった。

続きを読む "本の「監修」という仕事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧