« ウィーン楽友協会と国立歌劇場 | トップページ | 青覇テープは四度帰還した »

2017.08.27

贋作・桜の森の満開の下

歌舞伎座八月納涼歌舞伎で 野田秀樹作・演出の「贋作・桜の森の満開の下」を観る。これが私的には歌舞伎座デビュー。

Nodabansakuranomorinomankainoshit_2

この作品はずいぶん前に新国立競技場建設のために取り壊された日本青年館で夢の遊民社が再演した舞台を観た。

何年前になるだろう。

耳男:野田秀樹、夜長姫:毬谷友子。

今回の歌舞伎バージョンでは耳男:勘九郎、夜長姫:七之助。

夢の遊民社の舞台もずいぶん前のことになるのであまり記憶が定かではないのだが、毬谷友子の妖しさと最後の圧倒的な桜吹雪は憶えている。

野田秀樹の芝居の中ではテーマとして歌舞伎への親和性は高い作品だと思うのだが、歌舞伎の発声法や台詞回しがテンポのよい言葉遊びとかみ合いにくいのではないかと思った。

いや、要するに、聞き取りにくかった。

イヤホンガイドがあったのだが借りればよかった。

とは言え、歌舞伎座デビューは楽しかった。

これまで歌舞伎を観たと言っても、コクーン歌舞伎やパルコ劇場、ベニサンピットの流山児歌舞伎など。

まだ、正統の歌舞伎を正統の劇場で観た事が無いのだな。

|

« ウィーン楽友協会と国立歌劇場 | トップページ | 青覇テープは四度帰還した »

コメント

子どもが小説「カブキブ!」に影響され観てみたいという希望で、一昨年歌舞伎座で歌舞伎鑑賞しました。私は中学校以来でした。子どもは思っていた以上によかったようです。イヤホンガイドはあったほうがわかりやすいです。
歌舞伎を観たなら、一度宝塚も観てみないとと昨年行きました。
今まで全く興味なかったのですが、とても楽しめました。同じ人間と思えないスタイルの良さに更に驚きました。ファンが多いことも納得しました。
随分前に有楽町の宝塚劇場前を通った時に出待ちしているファンがあまりにも秩序よく声も出さず動かず待っている姿に驚きました。

投稿: Kaoru | 2017.08.31 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウィーン楽友協会と国立歌劇場 | トップページ | 青覇テープは四度帰還した »