« エノケソ一代記 | トップページ | 不信〜彼女が嘘をつく理由 »

2017.02.27

東京マラソン惨敗の記

新しく東京駅がゴールになった第11回東京マラソンに参加してきた。

2017

結果は惨敗としか言いようがない。

はじめてチャリティ枠で出場した昨年の10回大会が4時間46分だったので、今年の目標タイムはそれより1分速い4時間45分とした。

結果はというと・・・4時間台なんてとんでもなかった。

ネットで5時間39分57秒・・・

自己ワースト記録を5分近く更新してしまった。

12月の奈良マラソンも散々だったが、激しいアップダウンの連続で言い訳も多々あった。

今回の東京マラソンは最後の佃大橋がなくなってほとんどアップダウンのないフラットなコース。それなのに、20km辺りからは脚が売り切れて歩き走りのくりかえしとなり、30km過ぎには完全に戦意喪失状態となっていた。

きつくてずっと下を向いて走っていたものだから、今回のコーズの目玉であるスカイツリーを全く視認しないままゴールしてしまっている。何とも、もったいない。

走った距離は嘘をつかないという。

その通りで、週に2回10km程度を走るだけでは、フルマラソンを走る脚力は維持できない。

日比谷通りをとぼとぼと歩いていて、もうフルマラソンはこれでよそうと考えていた。

でも何とかゴールして、昔のパソコン通信時代のマラソン仲間とビールで乾杯したら、やっぱり来年も走ろうという気になってきたのだった。

|

« エノケソ一代記 | トップページ | 不信〜彼女が嘘をつく理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エノケソ一代記 | トップページ | 不信〜彼女が嘘をつく理由 »