« 多摩川ハーフマラソン | トップページ | エノケソ一代記 »

2016.11.23

CS準決勝鹿島戦 悔しすぎる敗戦

引き分けでも決勝進出というレギュレーション。こういう時はえてして勝たなきゃ上がれない方に勝負は転がる。


先発は天皇杯浦和戦と全く同じ。大島はベンチにも入らなかった。憲剛もベンチスタート。前半20分に縦のロングパスを全速力で追いかけた長谷川が倒れて立ち上がらない。そこまで前線からのチェイスも飛び出しもフルスロットルで走っていたのだが、そのまま担架で運ばれた。重傷の用で心配である。交代は憲剛。少し早かったが、途中出場は予定通りだろう。
前半は0:0でほぼ互角。このままの均衡が後半も続くとは思えない。
後半立ち上がりから押し込まれる。右サイドを押し込まれスローインからのクロスを金崎に頭で押し込まれて失点。

後半まだまだ時間があると思っても、こういう展開は鹿島のペース。
ボールを持つ時間は長くなったが、最後のパスが合わない。シュートまで行っても枠に飛ばない。板倉のミドル、憲剛、大久保、登里、とチャンスはあったが決定機とはならずゴールが遠い。
最後は似合わないが浦和戦で奏功したパワープレー。鹿島のDF陣に跳ね返され、ソンリョンまで上がったところにカウンターを喰らってあわや2点目のピンチ。1点取れば勝ちの1点が遠かった。
これで、J1は3位が決定。
シルバーメダルコレクターにもなれなかった。
2ndステージ半ばから調子が落ちて、怪我人が続出。大久保の神通力も減った。
これで優勝できなかったらいつ優勝するんだと言われたのだが、またタイトルは取れなかった。
来期は風間監督が退団、大久保も移籍、小林悠もわからない。プロモーション部の天野春果さんは東京オリンピックの組織委員会に行くらしい。
この結果がピークなのだとすると寂しいのだが、若手に希望の火が見えたのが光明だ。

Img_0844

ここに2009年ナビスコカップ決勝戦にむけて作られた「青覇 テープセット」がある。勝利の暁にはスタンドから投げ入れる事になっていた。この時はFC東京米本のブレ球シュートに川島が反応仕切れずに先制され、平山に2点目を決められた。

残るは天皇杯準々決勝で、相手はFC東京。

勝ち進んで決勝まで行けば、この「青覇 テープセット」を持って元旦の吹田サッカースタジアムに行くっ!!!

|

« 多摩川ハーフマラソン | トップページ | エノケソ一代記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多摩川ハーフマラソン | トップページ | エノケソ一代記 »