« ダイエットして良かったこと | トップページ | 少女仮面 »

2015.09.23

グッドバイ

世田谷パブリックシアターでケラマップのグッドバイを観る。

Img001

太宰治の絶筆となった未完の作品である。

このグッドバイを完成させてみたいと思う作家は多いと思う。

導入部と最初の数章、全部で28頁で終わっている作品は、この尻切れトンボを何とか解決して結末を見てみたいと思わせる。。

何年か前、隣のシアタートラムで北村想脚本・寺十悟演出の舞台を観た。

段田安則と蒼井優の組み合わせ。蒼井優がよかった。

今回のケラ版では前半部分の設定や展開は原作により忠実である。原作では 疎開先に妻と知的障害を持った先妻の娘がいる事は書かれているが、まだストーリーの中に登場することはない。この二人が重要な役割をもつ。

愛人の女医さんや、女学生は創作である。

絶筆に至るまでの文章があまりに少ないので、絶筆地点から先はもう自由に書けるのである。

小池栄子さん、好演。と言うか、今や実力派女優の貫禄と言ってよい。

もんぺゴム長の魚臭いかつぎ屋とシンデレラ姫の落差が思ったほど大きくなかったのだが、どちらも小池さんの存在感で充分成り立っていた。

池谷のぶえさんの狂言回し役もピタリ。体型を利しての子ども役もちょっとハラハラしながら見ていたが、ああいいう演技はなかなかできない。

結末は太宰作品としては反則かなと思うのだが、楽しめる芝居だった。

|

« ダイエットして良かったこと | トップページ | 少女仮面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイエットして良かったこと | トップページ | 少女仮面 »