« 糖質制限6か月 | トップページ | グッドバイ »

2015.09.21

ダイエットして良かったこと

緩やかな糖質ダイエットをして6ヶ月で良かったこと、悪かったこと。

高血糖だけでなく高脂血症もなくなり、フォアグラ状態だった脂肪肝もほぼ正常化したと思われる。

おかげで体重は6kg減、体脂肪率も20%超から14〜15%に。
それまでのズボンはブカブカになり、夏物のズボンを買い換えたと思ったら、もう秋冬物のシーズンだ。
気がつかなかったのは、首周りもひとまわり細くなったこと。ワイシャツの首ボタンがゆるゆるで留めやすくなって気付いた。
それだけではない。首周りがスリムになるとなるといびきをかかなくなる。
自分では分からないのだが、そう言えば貴方最近いびきをかかないわね、と奥様のお言葉。自覚的にも、眠りが深くなって目覚めがスッキリとなった、(個人の感想です)。
と言うわけで、いいことづくめのようだが、 何事にも陽があれば陰がある。
一つは尿酸値で、これはご飯やパンを控える代わりに肉や魚をたくさん摂るのである程度は仕方ない。今のところ痛風の症状は全くないので、これはこのままにしておこう。
もう一つ、走りのスタミナが低下したこと。
ダイエットしてからフルマラソンを走っていないので分からないのだが、今の脚力では30kmのLSDに耐えられないだろうということ。
8月の隅田川橋巡りLSDでは20kmあたりでリタイアした。暑さのせいももちろんあったのだが、脚が売り切れ、ガス欠だったことも大きいように感じている。
12月に奈良マラソンを走ることになっていて、とりあえずそれに向けて脚力を復活させなくてはいけないのだが、ダイエットとどう折り合いをつけていくか。
加齢による脚力の自然減との折り合いもある。
ガンガン食って、ガンガン走るということがもうできないのである。

|

« 糖質制限6か月 | トップページ | グッドバイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 糖質制限6か月 | トップページ | グッドバイ »