« 新しいシューズで等々力まで走って行ったが | トップページ | 君となら »

2014.08.23

iPhone5s熱暴走?

昨日の昼休み。ランチは鮨福原さんへ行こうと、予約の電話をiPhone5sで入れた。

福原さんはランチタイムにカウンター満席とか、舎利がなくなりまして、なんてことが時々あるので事前の確認が大事なのだ。

今日は大丈夫という事で、iPhone5sをズボンのポケットに戻して車で向かう。
ランチ握りの上を頼んで、いつものようにiPhoneで写真を撮ろうとしたら、画面が真っ暗で全く反応しない。
再起動も効かない。
それに、本体がやけに熱い。
電話として使ってから20分かそこいらの間の出来事である。
鮨の写真撮影はあきらめてひたすら食う。
クリニックに戻ってACアダプタ経由で充電を試みるが10分ほど様子を見ても何の変化もない。画面は真っ暗、ボタンは一切反応しない。
アップルのサービスプロバイダに電話してみる。
全く反応しないというのなら、交換修理という事になる。5sは発売されて1年以内の製品だから、無償で交換出来るとのこと。
今来れば、ゴールドの64Gは交換用の在庫があるというが、午後の診療もあるし、夜は医師会のエンドレス会議だ。
翌日持って行くということで、電話を切る。
夜10時過ぎに会議が終わって、ポケットからiPhone5sを取り出してみた。
ボタンを押したら、画面に赤線のバッテリーマークが出ている。
あれ、生きてるぞ。
鞄から、予備バッテリーを取り出して充電してみる。しばらくすると、リンゴマークが現れてiPhoneが起動し始めた。
死んだわけではなかった。まあ、仮死状態だったということだろう。
原因はおそらく熱暴走。
ズボンのポケット越しに高熱の車のシートに熱せられたのかも知れない。
結局、iPhone5sは夜のうちに復活。
バッテリーが完全に空になって暴走が止まった。
今のところ、熱暴走再燃の兆しはない。
めでたし、めでたし。

|

« 新しいシューズで等々力まで走って行ったが | トップページ | 君となら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいシューズで等々力まで走って行ったが | トップページ | 君となら »