« せんとくん等々力に登場 | トップページ | いつまでもいいことが続くわけではない »

2014.07.30

GODZILLA

朝から不吉な予兆はあった。近くの公園へ走りに行った時だ。3kmほど走ったところで腹痛が始まった。

これはいかんと、トイレに駆け込む。

近頃の公園のトイレは清潔で快適だ。
これが多摩川の河川敷だったらトイレの臭気で気絶するかも知れない。
とにかくスッキリ。まあ、今日はこのへんにしておいてやるかと、ゆっくり走って帰宅。
シャワーを浴びて、今話題の映画GODZILLAを観に六本木ヒルズへ。

Img_5014

その前に昼飯をということで、映画館の並びのワインバーでランチ。
すぐに出てくるものがいいので、「本日のメイン料理」と銘打った「じっくり煮込んだチキンカレー」を注文。
このバー、基本は夜営業でランチはおまけらしい。
禁煙席と言っても、となりのテーブルは喫煙席。煙ったい。
でてきた「じっくり煮込んだチキンカレー」なる物は、どう見ても業務用のレトルトカレー。これが悲劇の始まりだった。

Img_5016

急いでかき込んで、アイスコーヒーのMサイズをかかえてGODZILLAへ。
アイスコーヒーを飲むとカレーのお腹がゴロゴロしはじめる。ちょっとまずいかも。
NHK-BSでゴジラ特集をやっていて、まず初代ゴジラをしっかりと予習してある。
長い歳月の間にゴジラも大きくなっている。
原発事故や津波など東日本大震災を思わせる背景のなか、ゴジラはカマキリ怪獣と決戦。カマキリは雄雌二匹いる。
時限装置が作動している核弾頭はカマキリに奪われてしまった。そのままだとサンフランシスコで核爆弾が破裂する。
主人公は爆弾処理の専門家。爆発まであと27分というところで爆弾に到達。
あれ、蓋が開かない、さあどうする。
というところで、お腹の中のカレーとアイスコーヒーが我慢の限界を超えた。
映画はクライマックスにさしかかるところ。
すみません、ちょっと、通して下さい。通してくれないと大変なことになりますよ。
お腹を抱えて、トイレに飛び込む。
はあー、間に合った。
こういう時の気持ちは何と表現していいのだろうか。
しばし、解放感に浸る。
映画の音響はトイレにも響いてくる。
うん、戦ってるんだね、ゴジラ。
客席に戻ったら、主人公は救助されて息子と抱き合っている。
ゴジラの巨体が横たわっているが、そのうち、目を開けて、海に帰っていった。
おい、カマキリ2匹はどうなったんだ。
ということで、苦しかったなあ。今日は。

|

« せんとくん等々力に登場 | トップページ | いつまでもいいことが続くわけではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« せんとくん等々力に登場 | トップページ | いつまでもいいことが続くわけではない »