« 大久保嘉人ブラジル行きメンバーに選出! | トップページ | ACLは終戦 »

2014.05.14

昭和のポークカレー

ケーブルテレビが4月からオープンした病児保育施設「エンゼル中原」の取材に来るというので、散髪を済ませて現地武蔵新城方面へ。


途中、川崎市民プラザのレストランでランチ。

「昭和のポークカレー」620円なり。
以前は「ハバネロブラックカレー(超激辛)」とか、「ざる蕎麦富士山盛り」とか、マッチョなメニューがあったのだが、しばらく来ないうちに年寄り向けに変わっている。
最近、横須賀海軍カレーとかレトロなカレーがブームのようで、中でもジャガイモ、人参、タマネギがゴロゴロの家庭のカレーがリバイバルしている。好みもあるだろうが、ワタクシ的には今ひとつである。
取材は、4月28日にオープンした川崎市の乳幼児健康支援デイサービス事業(病児・病後児保育)「エンゼル中原」の紹介。記者兼カメラマンの兄ちゃんが一人で大汗をかきながら全てをこなしている。
施設の紹介映像と嘱託医の中島先生、医師会の担当の私へのインタビュー。
イッツコムチャンネルの地域情報番組で5月20日から繰り返し放映予定とのこと。

|

« 大久保嘉人ブラジル行きメンバーに選出! | トップページ | ACLは終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大久保嘉人ブラジル行きメンバーに選出! | トップページ | ACLは終戦 »