« フロンターレACL中国アウェイで初勝利 | トップページ | ACLグループステージ突破 »

2014.04.20

奈良「菊水楼本館」

この4月は母の七回忌。奈良に帰ってひっそりと家族だけで法要と墓参りをすませた。

Img_4370 Img_4381

Img_4375 Img_4376

息子が結婚してお嫁さんも一緒。
せっかくだからと、前夜は格式高い料理旅館菊水楼の本館で食事をすることにした。
長く奈良を離れているので、情報は古いまま。
菊水楼は35年ほど前に高校の同級生が結婚式の披露宴をやった時に来たことがある。
何を食べたか、全く覚えがない。
その同級生とは全く没交渉になってしまって、年賀状の返事も帰ってこない。
この年になると和食の会席は結構食べ慣れてきている。大人の舌が遅まきながらできあがってきた。
息子の方はというと30になって、いまだ味覚はお子さま。木の芽が食えない、山椒はダメ、わさびはダメ、ちょっとかわいそうなことをしたが、多分前回ここに来たときは私も同じようなものだったのではないかと思う。
20畳はあろうかという広い座敷は、もともと旅館の客室だろう。
昨年から宿泊はとらない様になったという。
料理はフォアグラと長いもを土鍋で煮たもの、おしどりの器にウニや子持ち昆布、そら豆など眼には鮮やかなのだが、何かを食べた気がしない。
要は満腹にならない。
これって、まだ修行が足りないという事なだろうか。

|

« フロンターレACL中国アウェイで初勝利 | トップページ | ACLグループステージ突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロンターレACL中国アウェイで初勝利 | トップページ | ACLグループステージ突破 »