« 大画面65インチテレビ | トップページ | フロンターレJ開幕戦は残念な引き分け »

2014.03.01

もっと泣いてよフラッパー

串田和美作・演出「もっと泣いてよフラッパー」をシアターコクーンで観る。

20140301_235722

初演が1977年で今回が6演目、5演目から22年ぶりという。

この間、ずっとスルーしてきたわけだ。

上海バンスキングの初演が1979年。

どちらも随分経ってから観たことになる。

音楽劇という事では、上海バンスキングのプロトタイプということだったのかも知れないが、印象はずいぶんと違う。

上海バンスキングが、時代の背景と登場人物の運命に引っ張られて結末に集約されていくのと違って、もっと泣いてよ・・・は、とりとめもないシーンが音楽に乗ってつなぎ合わさっていく。そのシーン一つ一つが楽しく面白い。

脚本の斎藤憐と串田和美の違いということだろう。

吉田日出子のジルを見ておきたかったなと思った。

ちょうど4年前の今日、「上海バンスキング」の再演を観てこういう記事を書いていた。

|

« 大画面65インチテレビ | トップページ | フロンターレJ開幕戦は残念な引き分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大画面65インチテレビ | トップページ | フロンターレJ開幕戦は残念な引き分け »