« 新春恒例スキーツアー | トップページ | 梅は咲いたかぁ »

2014.01.19

有頂天家族

下北沢本多劇場でアトリエ・ダンカン プロデュース「有頂天家族」を観る。

Img_3846 Img_3842

原作の森見登美彦さん、脚本・演出の松村武さん、二人とも奈良の中学高校の後輩である。森見さんの小説は読んだことはなかったのだが、松村さんが主宰するカムカムミニキーナの芝居は同窓のよしみで何度か観たことがある。

たぬき一族が人間世界と絡んで、そこに天狗が出てきたり、こういうシチュエーションは松村さんテイストのようである。

物語の進行を早口の台詞で説明する、長いト書きを読み上げる、と言うのも同じ。

残念なことに、役者さんは長台詞をこなしきれていない。こういう台詞は噛まずにしゃべりきるところに値打ちがある。

歌と踊りは「音楽劇」と名乗るだけあって、頑張っていた。迫力もあった。

見終わって、スペイン料理「下北沢BARU」で打ち上げ。

生ハム、チーズ、パエリアなどなかなかよいお店だった。

|

« 新春恒例スキーツアー | トップページ | 梅は咲いたかぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春恒例スキーツアー | トップページ | 梅は咲いたかぁ »