« フロンターレ終戦 | トップページ | 「声」 »

2013.12.24

清洲会議

連休の終わりに銀座まで三谷幸喜の映画「清洲会議」を観に行く。

三谷幸喜の映画はとりあえず、封切りからできるだけ早いタイミング観るようにしているのだが、今回はいろいろあって今日になった。

どうも、三谷作品としてはあまり評判が芳しくない。
確かに、ドッカンの笑いが連続してくるものではない。最近の三谷映画としてはちょっと地味か。
それでも、やはり面白い。
○○の○日間というのは三谷幸喜の十八番の作りで、清洲会議もその作風に沿っている。
役者はいつものメンバーで、安心して見られる。
西田敏行が影武者だか落ち武者でちらっと出てきたところは笑えた。

|

« フロンターレ終戦 | トップページ | 「声」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロンターレ終戦 | トップページ | 「声」 »