« 唐版 滝の白糸 | トップページ | 電子カルテユーザー会 »

2013.10.15

謝罪の王様

体育の日。とても天気がよいので映画でも観に行こう。

Shazainoousama

と言うことで、あまちゃん効果もあって宮藤官九郎脚本の「謝罪の王様」を観に行く。

やはりクドカンは乗っている。ドカン、ドカンと笑いの波が。

ブータンを想像させる王国の設定はちょっときわどいような気もするが、が、まあ、そんなことはどうでもよい。

阿部サダヲのテンポよし。

高橋克実の顔芸もよし。

「謝るとき、人は誰でも主人公」

|

« 唐版 滝の白糸 | トップページ | 電子カルテユーザー会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 唐版 滝の白糸 | トップページ | 電子カルテユーザー会 »