« 大沼 うな重(上) | トップページ | 対セレッソ大阪戦を深夜にみる »

2013.09.02

福岡で食ったもの

福岡の外来小児科学会で食べたもの。今回は学会の公式懇親会には不参加で、クリニックのスタッフとひっそり食事会を開催した。

Img_3362 Img_3367

1日目は、博多水炊き「いろは」。

今回で3度目の来訪。壁にびっしり有名人のサイン色紙が貼ってある。サインの半分くらいはよく知らない人だ。だいたい、私のサインがないではないか。
水炊きコース4700円は最後のちゃんぽんかおじやがチョイス。
最初は白濁したスープだけを湯飲みに入れて供される。これが濃厚でおいしい。
その後、鶏の骨付き肉のスープに鶏だんごが次々に投入される。
鶏肉自体は、すでにだしがら状態となっていて、あまりおいしくない。鶏のつくねがメインと考えるべきだろう。
つくねを鍋に投入するおねえさんの華麗な妙技が見物だったのだが、今回は初回ほどの感動はない。

Img_3372 Img_3375

2日目は後発部隊も合流してスタッフ全員が揃う。
春吉の割烹「川辺」。九州出身のスタッフが親戚に教えてもらったというお店。
まだぐるなびには載ってないという話だったが、調べたらちゃんと出ていた。
いつもみな小食で食べきれないので、量少なめと考えてコースを予約してもらった。刺身、鯨のベーコン、松茸の茶碗蒸し、焼き魚は鰆のポテト焼きなど、工夫をこらした料理が出てきた。
元々寿司屋さんとのことだったので最後に寿司を追加すればいいかと思っていたら、舎利がなくなったとのこと。残念。
この後ラーメンを食べに行こうという提案は全員から却下された。
ま、ラーメンはやめておいてよかったが。

|

« 大沼 うな重(上) | トップページ | 対セレッソ大阪戦を深夜にみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大沼 うな重(上) | トップページ | 対セレッソ大阪戦を深夜にみる »