« iPhone5S | トップページ | エントリー開始 »

2013.09.16

フロンターレの後半戦をどう追っかけするか

14日のホーム広島戦は憲剛、レナトの得点とディフェンス陣のがんばりで完勝と言ってよいゲームだった。

これで首位横浜との勝ち点差は9。3位広島との勝ち点差は5となった。

ACL圏内の3位はもとより、優勝だって狙えないわけではない。
それにナビスコ杯は優勝までにあと2勝だ(1分け1勝でもいいのだが)。
小宮山が戻り、レナトが戻り、矢島が戻ってきた。
小林悠ももう少しとの情報。大島もU20に選ばれている。
俄然やる気が出てくるではないか。
ところが、毎年この季節になると問題なのはインフルエンザワクチン接種に取られる時間だ。
通常の診療時間ではとても希望に応じられないので、休診日の水曜日や土曜日の午後にワクチン接種の時間を設ける。
Jリーグは秋になるとナイトゲームは減って土曜日のデーゲームが多くなる。これが、インフルエンザワクチンとかぶる。
試合日程とにらめっこしながら接種日を決める。
10月12日はナビスコ準決勝2戦目がアウェイ。参戦予定!。
10月19日の磐田戦は、だめだ。26日が医師会の会議で福岡出張なので、ここでインフルエンザを入れないと他に日がない。
11月2日はナビスコ決勝。出場するものと決めてかかってインフルエンザを外す。最後の国立競技場。これまに二度現地観戦で苦汁をなめている。まだ「青覇」の青い紙テープは取ってある。
11月の天皇杯4回戦はあきらめる。まだ会場も相手も決まらない。まあヴェルディには勝って進出するだろうが。
23日、30日はアウェイなのでビデオ時間差観戦となる。
12月7日は横浜相手にホームで最終戦。ひょっとしたら優勝決定戦となっているかも知れない、ここは外すわけにはいかない。
というような具合で、やっとインフルエンザワクチンの接種スケールが決まったのだった。

|

« iPhone5S | トップページ | エントリー開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone5S | トップページ | エントリー開始 »