« 奈良@夏休み4日目 | トップページ | かっとびメガ »

2013.08.18

夏休み5日目・最終日

二日酔をおして墓参りにむかう。昼前になるとすでに強烈な暑さ。走らないでよかった。

檀家寺のご住職とお墓で待ち合わせ。ご住職はお盆の間、墓立ちということで毎日朝5時半から昼まで檀家の墓前でお経をあげておられたのだった。

東京から戻ってくる私には、花や線香も準備していただいていたので、手ぶらで墓参、大変ありがたい。無量寿経をあげていただいて、灼熱のお墓からは早々に退散。
車で冷房の効いた本堂へ戻る。
こちらでは阿弥陀経をあげていただく。
お経も字面を眺めていると何となく書いてるのかがわかるようになる。  
昨年行った敦煌莫高窟の仏教遺跡やアンコールワットでの体験など、多分若いときには全く関心のなかったことをしゃべっている。
来年の母の七回忌のことなどを相談して、最後はJR法隆寺駅まで車で送っていただいた。

Img_3336 Img_3337

JR線で奈良に戻って、ここ2-3年ひきこもり状態のヤマダ君を呼び出し「亀屋」でお好み焼きを食う。ヤマダ君は同級会は欠席。1年ぶりに会ったのだが、身体的には元気そう。大安寺から自転車でやってきて、ノンアルコールビールで付き合ってくれた。

相変わらず、本はよく読んでいる。映画も観ているようだ。演劇はお姉さんのお伴で宝塚に行くそうだが、それ以外は観てないらしい。

同級会でもヤマダはどうしているという話が何度も出た。

そういう事で、ヤマダ君は人前には出てこなくなっているが、相変わらずのヤマダ君だったという報告をしておく。

帰りの電車までに時間があったので、ホテルの宿泊パックのおまけでついていた興福寺国宝館の参観券を使うことにした。

釈迦十大弟子の名前はさっきの阿弥陀経の中にも出てくるのだが、それが目の前に立っている。八部衆の像。阿修羅が東京で公開されたときは大変な人の中を観たのだったが、こちらではじっと対面して動かなくても叱られない。こちらでの扱いはあくまでも8体の像の一つである。

さりげなくいる。

それがよい。

別れ際に、ヤマダ君が懇意にしている古書店に立ち寄る。帰りの新幹線で読む本を買って行けよというヤマダ君のお勧めに従って、いとうせいこうのコント集「幻覚カプセル」を購入。800円也。

いとうせいこう、芥川賞を取ってほしかったね、と言うような話をして出て来た。

5日間の夏休みがこれで終了。

結構忙しかった。

予定外のことは、今朝二日酔で奥山の原生林を走れなかったことくらいか。

さて、明日からはまたいつもの通りのお仕事だ。

|

« 奈良@夏休み4日目 | トップページ | かっとびメガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良@夏休み4日目 | トップページ | かっとびメガ »