« かすみがうらマラソンのゼッケンがきた | トップページ | 西瓜割りの棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を »

2013.04.14

iPhone5水没

先週の出来事。トイレでiPhone5がズボンのポケットから落下。便器にポチャン・・・

慌てて拾い上げて、さっと水洗い、タオルで拭いた。(下痢じゃなくてよかった・・・)

液晶は表示されるもののタッチパネルが反応しない。
固定電話から電話してみたら呼び出し音は鳴るが「応答」ボタンは反応しない。基本的な所は大丈夫みたいだ。
ネットで「iPhone 水没」で検索してみたらいろいろ情報がある。iPhoneの水没修理即日オーケーというショップもあるが、まずは、自然復旧に賭けてみることにした。
ソフトバンクのあんしん保証保険に入っていたかどうかわからない。記憶の限りでは入った覚えはなかった。
コネクタの中にティッシュでこよりを作って水分の吸着を図る。結構水は吸える。
ネット情報ではとにかく触らない方がよいということだったので、後はそっとそのままにしておいた。
結構絶望的な気分で半日を過ごした。
夕方になって、もう一度操作してみると、何とかタッチパネルが使えるようになっていた。そうか、よかった、復活している。
ただ、カメラが使えないようだ。カメラのアプリは起動するが撮影できる状態にならない。
もうちょっと乾かせばカメラも復旧するかもしれない。
修理に出すとしても、戻ってくるまでiPhoneのない生活は考えられない。
とりあえずそれまでは息子に払い下げたiPhone4Sを取り返してSIMカードを入れ替えて使おう。息子は最近iPhone5に乗り換えたので下取りに出していなければ手許にあるはずだ。電話したら夜遅くに持ってきてくれた。
それまでに調査したところではiPhone4SのMicroSIMと5のNanoSIMはサイズが違って互換性がない。NanoSIMをMicroSIMスロットに入れるアダプタはあるようだがAppleや電話会社は保証しないという。
ネットで探して、iPhone4/4S用NanoSIMトレー 2400円 送料500円というの発注した。
このトレーが届くまでは水没iPhoneをカメラは諦めてだましだまし使わねばならない。そこで、もう少し乾かすために、iPhoneの電源をいったん落すことにした。
電源オフのスライドバーを右に動かしたら作業中のリングがぐるぐる回り始めて画面が反応しなくなった。ボタンも効かない。うわぉ、である。
結局バッテリーが全部放電して、暴走は止まった。
その後は充電器に繋いでもバッテリーの表示は赤い線が出るだけで充電されてこない。
もうダメか、これは二次災害だ。
それでも、乾燥すれば何とかなるかも知れない。
まず、iPhoneをiMac上部の発熱しているところに乗せてみた。iPhoneもそこそこ熱くなる。1時間ほどして液晶画面を見ると、充電が始まっている。
これはいける。
iPhoneは再起動できた。
だが、カメラは使えないまま。他はほとんど元通りの状態に戻った。
翌日おそるおそる電源をオフにしてみたが通常通りに終了して再起動も問題なかった。
カメラの復旧に向けてさらに乾燥作戦を続行。
今度はジップロック付きのフリーザーバッグに乾燥剤を入れてiPhoneを一緒に詰めこんだ。今度はじっくりいこう。
だが、フリーザーバッグ作戦は失敗。カメラ復活せず。
さらに1日経ってSIMトレーが到着。
4S にSIMを入れ替えて5をソフトバンクの店に持って行った。修理はAppleでやるのは知っていたがソフトバンクの店も窓口になっていると思ったからだ。
ソフトバンクのショップは空いていて1人待ち10分ほどで呼ばれた。
担当のおねえちゃんは、トイレにiPhoneを水没させたというと、わ、やだー、っという顔をした。
修理代が全額かかるのは覚悟していると言ったが、一応調べてくれた。
「お客様はソフトバンクあんしん保証パックに入ってますよ」、と言う。
そうか、ちゃんと保険に入っていたんだ。半年前のことなのにもう忘れている。
修理は直接Appleか正規代理店で受け付けているのでそちらに行けという。
そうとなったら善は急げだ。
一番近くの正規代理店、デパートの中のカメラ屋さんへ電話してから直行した。
iPhone5の修理は一部部品を修理したり交換したりするのではなく、修理と称して新品と交換するのだという。なので、どんな修理も20800円均一。
いったん支払って証明書をソフトバンクショップへ持って行くと、あとで電話料金の精算で返金してくれるそうだ。
水没iPhoneを持って行ったら、確かに水没の症状が確認できたと言うことでその場で交換してくれた。
iPhone4SからSIMカードを取り出して交換用の新品iPhone5に入れ、動作確認をしたらそれでおしまい。
30分ほどで新しいiPhone5になった。
こういうシステムだと知っていたら、保険に入っているのを覚えていたら、じたばたしないで水没したiPhone5を持って代理店に直行したのに。
ともあれ、無事iPhone5は復活した。
この3日半、ずっと心にのしかかっていた重荷が取れた。
ああ、よかった。

|

« かすみがうらマラソンのゼッケンがきた | トップページ | 西瓜割りの棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かすみがうらマラソンのゼッケンがきた | トップページ | 西瓜割りの棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を »