« 猫の爪切り | トップページ | ふるさと納税して岡本太郎美術館へ »

2013.02.09

川崎富作先生米寿のお祝い

川崎病の発見者川崎富作先生がこのたび米寿を迎えられた。日赤医療センター関係者や古くから川崎病に関わってこられた方たちでお祝いの会が開かれた。

Img_2642

金色のちゃんちゃんこと帽子を召した川崎先生と写真を撮る。米寿は金色なのだそうだ。ベージュではない。集合写真撮影の時のかけ声は「チーズ」ではなく「べーじゅ」だったが。

川崎先生は私が日赤医療センターに勤務した当時の小児科部長。18年前クリニックを開業したときにはすでに退職されていたが、今半のすき焼肉をぶら下げてお祝いにかけつけてくださったのが昨日のように思い出される。

月日はあっという間に過ぎる。

Img_2646 Img_2647_2

11年前に喜寿のお祝いをした時に頂いた色紙が左側。

今回頂いたものが右側。

同じかと思ったがそうではない。

11年前のものは「医学は厳しく 医療は暖かく」

今回は順序が入れかわって「医療は暖かく 医学は厳しく」

「医療」の方が前に来ているところが今の先生のお気持ちなのであろうか。

それとも、まあ、どっちでもよい、なのだろうか。

エノケンの「洒落男」をフルコーラス歌われた貴重な映像も撮れた。これは公開に許可が要りそう。

川崎先生のご健康と長寿をお慶びして会はお開きになった。

川崎先生、ありがとうございました。

|

« 猫の爪切り | トップページ | ふるさと納税して岡本太郎美術館へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫の爪切り | トップページ | ふるさと納税して岡本太郎美術館へ »