« K.ファウスト | トップページ | 神田きくかわ うな重の悲しい変身 »

2012.10.21

風邪ひいたぁー

先週水曜日のこと。朝から保育園の健診、保健所の健診、医師会関連の会合が3件と夜まで予定がびっしり。

それでも走れるときに走らなくてはと、朝に1時間走った。距離は9kmちょっと。ペースはキロ6分半。しっかりテーピングしたおかげか、アキレス腱の痛みはほとんど感じなかった。

これで復活かと思ったら、その日の夜からのどが痛くなってきた。
咳が出て、目が覚める。
翌朝になったらのどの痛みは軽くなって咳も減ったが、声がかすれて鼻水が止まらない。熱は無いようだ。
鼻水がとめどなくい流れてきてマスクの下で垂れている。
インフルエンザ迅速検査では陰性。RSはなんとなく違うだろうって検査しなかった。
クラリチンとニポラジンをダブルで内服する。
全然効かない。
つまり、これは何らかのウイルス感染による鼻水で、アレルギー性鼻炎による鼻水ではないからだな。
さらに一日経過。
鼻水、鼻づまりはまだまだだが、夜は何とか眠れる状態。
クラリチン、ニポラジンダブル。
効いているのか効いていないのかよくわからないが翌朝は鼻はスッキリ通っている。
起き抜けに何度か咳き込んだらその後は咳も出ない。
昼休みの病児保育回診ランは断念して休息にあてる。
そして昨日土曜日。
夕方まで診療とインフルエンザワクチンの接種。
鼻水はだいぶ少なくなって鼻をかむ回数も減ってきた。
3時からの等々力でのフロンターレ対ガンバ戦。
チケットはフロンターレ繋がりのO先生に託してひたすらワクチン接種にはげむ。
ゲームは情報遮断して、Twitterもメールも何も見ないで、帰ってからビデオ観戦の予定。残念なことに前半の経過がわかってしまったのだが、やはり受付に「院長からのお願い。フロンターレの試合の経過についてご存じでも教えないでください。」というような貼り紙を出すべきであったか。
と言うことで、帰ってから観たガンバ戦は前半の結果がわかっていたのだが、後半のスリリングな展開はそんなことは帳消しにしてくれた。
結果は2:3でガンバにJ2行きの引導を渡せなかったのは残念。
2:2に追いついた頃は完全にこちらのペース。3点目を取られた後も、決定機はあって最悪引き分けには持ち込めたはず。
今日日曜日は秋晴れ。
長い距離を走ろう。12月にフルマラソンがある。間に合わせないといけない。
多摩川両岸20kmコースを考えたが、アキレス腱を痛めるきっかけになった砂利道を通ることになるので、いつでも止められる公園周回コースに変更。
13kmあまりで終了。20kmは無理だった。
今回はテーピング無し。
アキレス腱のテーピングではふくらはぎに縦にテープを貼る。剥がすときに毛がくっついて痛い。アキレス腱はもう痛くない。さあ、どうする。のど元過ぎれば熱さ忘れるという言葉の意味がよくわかる。
3日前の疲れがまだ残っていて、走っていても重い。
途中で鼻をかめるようにとウエストバッグにiPhone5とティッシュを山盛りを入れて行ったが、ティッシュの出番はもうなかった。
iPhone5に附属している新しいイアフォンを試したがなかなか耳にフィットして落ちにくい。音もまずまず。ヘッドフォン型はまだ暑いのでこの季節はイアフォンがいい。
聴いていたのは音楽ではなく、ラジオデイズの平川克美・内田樹「ぼくらのヨシモトタカアキ」というトーク。ご両人は私よりいっこ上。同じような時代背景で吉本隆明を読んでいたはずだが、この年まで来ると記憶しているところはみんな違ってくるのだな。2時間弱はちょうど走っている時間とあっていた。
iPhone5にしてからNike+Runningが自動でTwitter に投稿する設定が無効になっているらしく、いろいろ調べるがよくわからない。まあ、いちいちお知らせすることもないか。
と言うことで、風邪からも復活、12月のフルマラソンに向け泥縄の練習を再開したのでありました。

|

« K.ファウスト | トップページ | 神田きくかわ うな重の悲しい変身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« K.ファウスト | トップページ | 神田きくかわ うな重の悲しい変身 »