« 敦煌莫高窟 | トップページ | 走れないと »

2012.09.22

マラソン完走クラブ

2週間前の日曜日。朝起きてみたら立てないほどの痛みが左踵から足底にかけて走った。這ってでも行くと決心していた中国旅行はかろうじて車いすのお世話にはならなくて済む程度の状態で出発した。

旅行の最初の頃は同行の皆さんと同じペースで歩くのがきつい状態。モーラステープを貼った上からサポーターで固定してボルタレン内服。ステロイドと局麻剤の注射が効くよというお勧めもあったのだが注射は痛いからヤダと避けていた。
後半、敦煌近郊の鳴沙山の砂の中を歩いたのがよかったのかも知れない。砂で荷重が減ると急に左足首と踵の痛みが消えた。砂漠に神はいるのだ。
その後は朝少し痛みがあって跛行になるが、ほぼ普通に歩ける状態で帰国した。
さて、いつから走れるようになるか。
2週間まるまる走らないと何となく心が落ち着かない。体重計にだって乗りたくなくなる。気持ち良くビールも飲めない。
マラソン完走クラブ」の練習会が駒沢公園であるというのをTwitterで見つけて申し込んであった。給食給水エイドを設営した練習会で100名ほどの参加者がいるようだ。
参加費は1700円でコンビニ振り込み。足はまだ走れる状態ではないとは思ったが、お金も払ってあるし、どんなもんか様子だけ見にいこうと出かけた。
やはりダメ。公園まで走ることができない。左足の着地で痛みが出るのだ。
HPの地図をたよりに公園の中を見渡すと、NIKEのテントがちょうど地図の矢印部分にたっている。
そうかNIKEが後援しているのか。結構豪華じゃん。
早速受付に。
初参加の○○です。
Webからの申込みですか。
はい、そうです。
お名前は・・・・えーと、見当たりませね。でも、大丈夫です。こちらにお名前を。
はい、わかりました。
試着希望の靴のサイズ? NIKE+?
ここは「マラソン完走クラブ」の受付ですよね?
はあ?、と受付のおねえさん。
しばし見つめ合って、あれ、お呼びでない、こりゃまた失礼いたしました。
キャップ、パンツ、シューズすべてNIKEづくしだったのいけなかった。

「マラソン完走クラブ」は向かいの木の下で机だけ並べている集団だった。
スタッフの方にご挨拶。ウォーミングアップだけで帰りますと伝えた。
ゆっくり走ってみると案外走れる。大丈夫かなと、キロ7分以上の班に入って周回走もしてみた。公園半周したあたりでダメになった。結局1周して戻って来てリタイア。
給水係のスタッフの方と雑談。
大学の陸上部のメンバーが中心になってはいるが幅広い層のランナーがいるようだ。年齢層から言うと私は一番上になるのかな、という感じ。
皆さん楽しそうにやっているし、速そうな人も結構いる。
以前よくご一緒した「大地を走る会」みたいな感じかな。
じゃ、今日はこれで、と帰りかけたら朝食で配っていたマフィンを3個いただいた。
マフィンをかかえながら帰宅。
来週の月例川崎マラソンも難しそうだなあ。私のランナー生命はどうなるんだろ。

帰ってもまだ10時過ぎだ。
カミさんはお出かけ。
その後にひょこっと息子が帰ってきた。
昼飯食いたいと。
久しぶりにパパゲッティを作るかと思ったが気力が無くて「青の洞門 ボロネーゼ」でお茶を濁しておく。
午後は9月25日締め切りの原稿に取りかかる。
あっという間に完了。
メール添付、送信ボタンポチッ。
締め切り前に入稿するのは久しぶりだが、事前の負荷が小さいと送稿したあとの爽快感もイマイチ。
まだ、のしかかっている仕事はたくさん残っているが、地道に片付けていこう。
いつになったら、晴れ晴れとした気持ちになれるのだろうか。

これから、高校時代の友人がどういうわけか地元のJFLサッカーチームに入れあげて応援に出てきているので合流する。フロンターレは味スタで多摩川クラシコなんだが、これはビデオ時間差応援という事で、今日は飲み会だ。


|

« 敦煌莫高窟 | トップページ | 走れないと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敦煌莫高窟 | トップページ | 走れないと »