« CloudMeとiCloud | トップページ | DropBoxという解決 »

2012.07.16

Tシャツインディアンポーカー

最近走るのはもっぱら駒沢公園。車に轢かれる心配が少ないのが何と言ってもよい。周回コースは単調だが、それでも周りを見ながら走っていると飽きはこない。

ランナーはいっぱいだが、皇居ほどではないので渋滞したりぶつかったりする心配はない。
いろんなウェアで走っている人たちをみていると面白い。
マラソン大会の完走Tシャツで走っている人が結構いる。私も半分くらいはマラソン大会のシャツだ。
一応見栄をはって湘南マラソンとかのシャツを着ていく。昨年あたりは震災で中止になったかすみがうらマラソンの緑のシャツとか。とりあえずフルマラソンであることが大事である。
追い越していったおねえさんのシャツがサロマのFinisherだったりすると、心の中でひれ伏している。そこいらへんのハーフや10kmの大会のシャツだとちょっと胸をはって歩幅も心なしか大きくなる。
こういう勝負を以前からTシャツインディアンポーカーと勝手に呼んでいるのだが賛同者は少ない。
背中にいろんなメッセージを書いているのもよく見かける。
「がんばろう日本」とか「絆」とか、そういうのは、このところ少なくなっている。
「Golf is Deep」というプリントのシャツが通り過ぎた。
バンカーが深いということであろうか。ゴルフをしないのでわからない。
「驕らず 腐らず 諦めず」というシャツを着た同年配とおぼしき方が走って行った。
なるほど、と思った。
3時間半切ったくらいで偉そうにしてはいけません。その驕りが今のていたらくを呼んでいるのだ。
5時間を切れなくなっても腐ってはいけません。まだまだ未来はあるのだ。
だから諦めずにもっと走ろう。走った後のビールが美味いうちは。
「叱らず 起こさず 諦めず」おねしょの指導指針みたいなものだなと思いつつ、
そうかと相づちを打ったのであった。

|

« CloudMeとiCloud | トップページ | DropBoxという解決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CloudMeとiCloud | トップページ | DropBoxという解決 »