« 三谷版桜の園 | トップページ | 寿司の次郎長 »

2012.06.22

講演当日にMacBookAirが真っ暗になった件

横浜市都筑区小児科医会でロタウイルスワクチンをはじめとした乳児期早期に受けるワクチンのお話しをすることになっていた。

だいぶ前から言われていたので準備期間は十二分にあった。
でも、準備期間があれば、人間しっかりと準備するかと言えばそうではない。
ぎりぎりまでああだこうだと逃げ回りながら、ここでちゃんとしないと穴をあけるという所まで追い詰められないとなかなか動かない。
いや、これは言い訳です。スンマセン。
でも、そうは言いながら、今回の講演、自分としては十分すぎるほどの余裕を持って講演のスライドの準備をした。リハーサルまではしなかったが、昨晩スライドショーをチェックして最終稿のパワーポイント(Keynoteでないのは事情があるのです)をMacBookAirのデスクトップに出しておいてディスプレイを閉じた。
講演は今日の夜。
もう少し変更したいスライドがあったのでiMacで変更してMacBookAirに移そうと思ったら、あれれ、スリープから起きない。ていうか、スリープなん?これは。
どのキーを触っても画面が明るくならない。
しょうがないのでパワーキーを長押しして強制再起動をかけてみる。しばらく押してみたが、うんともすんともいわない。ええ加減にせい!と思ったとたんにジャーンの起動音。おお、立ち上がったかと思ったが
林檎マークが出てこない。画面は真っ暗なまま。
option+command+P+RでP-RAMクリアしても同じ。
クリックするとピープ音はするのでどうやらMacBookAirは生きているらしい。
他のMacからサーバーをブラウズするとちゃんとMacBookAirとは繋がっている。問題はディスプレイだ。
すぐにMacの代替機が見つからないのでMacでのプレゼンはあきらめる。
PPTのファイルをUSBメモリーに移して会場で用意しているWindows機にコピーしてとりあえずスライドショーには問題はなかった。
今回に限って言うならばKeynoteでなくてホント良かった。
Mac故障のリスクを考えるとPowerPointが安全かも。
KeynoteのプレゼンをPPTに変換してWindowsで再生しても修正なしで表示できること少ない。
と言うことで、今夜の講演は何とか切り抜けられた。
MacBookAirの故障はハードウェアの問題だろう。
いつ購入したのか調べてみたがよくわからない。
1年は経っているかも知れない。
明日Appleに電話してみる予定。ネットで調べたらこういうケースは結構あるみたい。

|

« 三谷版桜の園 | トップページ | 寿司の次郎長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三谷版桜の園 | トップページ | 寿司の次郎長 »