« 多摩川クラシコ | トップページ | ナビスコ杯ベガルタ戦 »

2012.04.12

鮨福原

梶ヶ谷に新しい寿司屋が誕生。先月末にオープン。今日はじめてランチタイムに行ってみた。

Img_1510高津にあった「寿し長」の板さんが独立して自分の店を持つという話を聞いた。

どこに店を出すのかと聞いたら梶ヶ谷だという。

常日頃から「ランチ砂漠」と呼んでいる梶ヶ谷周辺は食べ物屋さんにはきびしい所。特にお店のあるあたりは旧大山街道沿いとはいえ国道246に分断されて袋小路になっている。

前を通りがかってふらりと入るというシチュエーションはなかなかなさそうに思う。それだけに、常連さんの確保が大切だ。

開店して2週間。だいぶこなれてきているようだった。

カウンター8席と小上がりが4席。

お昼はばらちらし 1500円、握り 2000円、上握り 3000円。もう少し高いメニューもある。

上握りをお願いする。写真はホタテ、白海老、コハダ。

すし長さんの頃とほぼ同じスタイル。

近くになったので、ちょくちょくおじゃましたい所である。

|

« 多摩川クラシコ | トップページ | ナビスコ杯ベガルタ戦 »

コメント

先生、是非、ご一緒しましょう!

投稿: そめたか | 2012.04.13 08:13

おお、いいですね。
セッティング、お任せします。

投稿: 院長 | 2012.04.13 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多摩川クラシコ | トップページ | ナビスコ杯ベガルタ戦 »