« 学生とのランチ・鮨福原 | トップページ | 博多で水炊き »

2012.04.20

讃岐うどんの太さ

1年以上ご無沙汰していた讃岐うどん「綾」。久しぶりに行ってみたらうどんの太さが変わっていた。

Img_1528 「綾」のうどんは固くて腰が強いのが特徴。麺の断面は正方形に近い。これが正統派の讃岐うどんだと思っていたのだが、今回食べてみたら麺が平べったくなっている。麺を切るときのピッチが小さくなったという事だろう。麺のコシは変わらないが以前よりなめらかでつるつるになっている。

私は前のワイルドな食感が好きだったのだが、一緒に行ったカミさんはこちらの方が好きという。

一時讃岐うどんブームであちこち讃岐うどんの店が乱立したことがあった。梶ヶ谷にだって一軒できたくらいだ。
で、そういう店はブームとともにあっという間に消えていった。
「綾」はブームとは関係なくしっかりと営業している。昼時の行列は平日でも必至だ。
この店は東名川崎をこえて行かなくてはならないので、往復の移動と並ぶ時間と食べる時間を入れると1時間20分は見ておかないといけない。
時間に余裕のある昼休みがほとんどなくなったのでなかなか行けなくなっているのが残念。

|

« 学生とのランチ・鮨福原 | トップページ | 博多で水炊き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学生とのランチ・鮨福原 | トップページ | 博多で水炊き »