« 春の嵐 | トップページ | 鮨福原 »

2012.04.08

多摩川クラシコ

フロンターレ対FC東京戦、多摩川クラシコ。J2時代からのライバル。J1昇格も同期だが、J2降格はフロンターレの方が先輩。FC東京は今季J1に再昇格したところだが、天皇杯優勝ACL出場で勢いは向こうの方がよい。

横浜で学会があり、等々力での観戦はできない。シーチケはマラソン仲間のF通OBの方にお譲りして、帰宅してからビデオ時間差観戦。もちろん情報はシャットダウン。
電車の待ち時間などにちょっとTwitterのTLを見ようなどと考えてはいけない。私がフォローしている人のうち、試合を見ながらTweetする人が少なくとも3人はいる。
その時だけアンフォローにすればよいのだが、それは面倒。
とにかくiPhoneを見なければよろしい。
ということで、先ほどビデオを見終わった。
緊張感のある緊迫した試合だった。だらけた所はほとんどない。
誰かが手を抜いたり、サボったりしたという事はない。
それで、負ける。
後半開始早々長谷川アーリアが愚かなファールで退場。相手は10人となった。
ああ、だめだと思った。
相手は守りを固めてカウンター狙いでくる。
守りを固めた相手をねじ伏せる得点力が今のフロンターレにはない。ボールは支配するが決めきれず、カウンターを喰らう。
カウンターでとられたコーナーキックから絵に描いたようなゴール。
ああ、やっぱり。
とっくに終わっている試合に身をよじらせてしまう。
どうしたら点が取れるのだろう。
7試合で5点、2点取った試合はないのだ。

|

« 春の嵐 | トップページ | 鮨福原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の嵐 | トップページ | 鮨福原 »