« ネパール旅行(その2) | トップページ | ネパール旅行(その4) »

2011.09.23

ネパール旅行(その3)

カトマンズの人口は400万人。市域はとても狭くて人口密度は高い。
その中にヒンドゥー教の寺院がまた密集していて寺院は生活の場の一部となっている。

Img_3756 Img_3741
町中の寺院。
憩いの場であり、若い人のデートスポットでもある。
平日の朝から何となくみな集まっている。
至る所に祠があって供え物がある。
Img_3785 Img_3789
カラフルな土産物屋のディスプレイ。
みな値切るのが申し訳ないくらい安い。
曼荼羅のデザインのポーチが「10枚1000円」がだんだん安くなってY先生は「30枚1000円」でゲットした。
Sivalinga Yakiba
パシュパティナート寺院のシバリンガ。
シバ神の象徴の男根。
そこから眺めた火葬の風景。
火葬台がいくつも連なって、灰は目の前の聖なる川に流される。
わらの先に足首がのぞいていたのにはぎょっとした。
寺院の中にはヒンドゥー教徒しか入れない。


|

« ネパール旅行(その2) | トップページ | ネパール旅行(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネパール旅行(その2) | トップページ | ネパール旅行(その4) »