« 身毒丸 | トップページ | 天ぷら「みかわ」六本木ヒルズ店 »

2011.09.07

MacminiとCinemaDisplay

院長室で使っていたPowerMacG5がLeopard以上のOSにアップデートできないことや、160Gのハードディスクが満杯になってしまっていること。そう言えばこの機種特有の冷却ファンの音が大きいことが今更ながら気になり出した。

要するに新しいMacがほしくなったと言うだけであるが・・・
PowerMacG5につながっているADC接続の24インチのシネマディスプレイはヤフオクでゲットした中古品だが画面がとてもきれいで標準で表示される文字サイズが私の目にはちょうど良い。画面の劣化も気にならないレベル。
こちらの方は使いたい。
MacProはでかくて場所を取るし、その機能をフルに使う事はあり得ない。
と言うことで、Lion搭載のMacminiを買うことにした。
Macminiとシネマディスプレイを繋ぐにはApple ADC-DVIアダプターキットが必要だが、すでに製造中止。
ネットで調べると新古品で30000円程度、中古で18000円というのがあったので早速ゲット。
Macminiとドンピシャのタイミングで届いた。
MacminiのHDMIポートにHDMI-DVI変換ケーブル(これは本体に同梱されている)を刺してDVI側にADC-DVIアダプタのDVI側のコネクタを繋ぐ。
Img_0963 Img_0964
ADC-DVIアダプターキットの電源の大きいこと。Macminiとあまり大きさが変わらない。
二つ並べてシネマディスプレイの裏に収容。これまでのデスク上の専有面積と変わらない。
MagicMouseも使えるようになった。
ディスプレイについているパワーボタンは残念ながら効かない。本体のパワーボタンは背面の電源ケーブルの横についているので事実上使えない。
附属のマニュアルには2-3日以上使わないときは電源オフしろにと書いてあるので、つまりは一度入れた電源はもうオフにするなということだと解釈する。
PowerMacG5からのデータ移行はFireWireポート経由で。
2時間ほどで完了。
当然のことながら、ロゼッタ環境がなくなっているのでPowerPCアプリケーションが動かなくなった。
「駅すぱあと」と「FileMakerPro6」がとりあえず問題。
Lionの機能はぼちぼち試して行くことにする。
まず気がついたのはMailが大幅に変わっていること。
慣れれば使いやすいはず。
とりあえず検索窓が見つからないのだがどこにあるのだろう。


|

« 身毒丸 | トップページ | 天ぷら「みかわ」六本木ヒルズ店 »

コメント

ADC接続の20inchのApple Cinema Displayが捨てがたく、Mac miniで使えないかとあれこれネットを覗いていましたが、やっと使用例を発見!嬉しい限りです。

なお、SheepShaverというエミュレーションソフトを使って、Lion上でAppleWorks(PowerPCアプリケーション)を使っています。ちょっと、不安定ですが。
ご参考まで。

投稿: motomoto | 2011.11.23 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身毒丸 | トップページ | 天ぷら「みかわ」六本木ヒルズ店 »