« しゃぶしゃぶ食べ放題 | トップページ | 芝生の上でサッカーをした »

2011.08.07

フロンターレ対セレッソ大阪戦

リーグ戦2連敗でセレッソ大阪と戦う。相手は乾が抜けて初めての試合。その前にホドリゴ・ピンパオンも抜けているし、戦力的は結構きびしいはず。前節は無様な逆転負けを喫しているし。

Dsc00558
とは言え、フロンターレもけが人続出で2連敗。失点はいつもの通りで計算済みだが得点がサッパリという展開が続いている。
この試合では柴崎が戻ってきて、憲剛も先発。
ところが小宮山が試合前の練習で傷んだとかで、左SBは田坂。
と言うか見たところスリーバックのような立ち上がり。
開始10分で左CKから清武に頭で決められる。
DFが完全に清武を見失っていた。
CKでこんなに簡単に決められてしまうのはどんなものだろう。フロンターレのCKいつ見ても点が入る気がしないのに。
その後も前半にカウンターから清武にきれいなスルーパスを通されFWがきっちりゴール。
一方フロンターレはと言うと、シュートは放つも枠の外かキーパーの守備範囲内。
ジュニーニョがきわどいシュートを2本ほど放ったが、以前ならあのシュートはゴールネットを揺らしていたはず。
疲れのためか山瀬には以前ほどの切れは見られず、小林もいいポジションでプレーができない。
戻って来た憲剛も悪い流れを変えるまでには至らなかった。
走って等々力へ行けば負けないという私のジンクスも連続して破れた。
やはり、今年もだめかという弱音は吐かない。
なんと言っても、長年阪神タイガースのファンとして、このくらいのことではめげない耐性を獲得しているのである。


|

« しゃぶしゃぶ食べ放題 | トップページ | 芝生の上でサッカーをした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しゃぶしゃぶ食べ放題 | トップページ | 芝生の上でサッカーをした »