« 翔太ラーメン餃子セット | トップページ | なでしこジャパンの優勝 »

2011.07.17

フロンターレ対柏戦

大汗かいて等々力に到着。1杯目のビールを飲みながらスタメン発表を聞く。

Dsc00548 Dsc00555
稲本も憲剛もベンチ外。何があったのかとモバイルフロンターレの直前情報を見にいくがなかなか繋がらない。カーソルがくるくる回って時が過ぎる。Twitterもそうだ。TLを読み込もうとしてもいたずらにくるくる回るだけのことが多い。Tweetに失敗しました、と言うこともある。試合が終わってスタジアム外に出たらとたんに送信成功だったりする。
2万人近い人が一斉にソフトバンクモバイル3G網にアクセスしているのであろうか。
ともあれ、何があったかわからないうちにキックオフ。
開始早々動きがよい。いきなりチャンスを作る。
小宮山のシュート性のキックを前にいた矢島がうまくトラップして反転、左足でゴール。
その後も圧倒的におしまくる。セカンドボールもよく拾えている。
矢島が痛んで後退で入った小林が、右サイドを突破して折り返した山瀬のクロスにきっちり合わせて2点目。これで楽勝かと、誰も思わなかったと思う。
ここ数試合、勝っても負けても2点取られている。これで終わるはずがないと思ったらその通りになった。
後半から入ってきたジョルジワグネル。これがくせ者。ちょうど目の前でプレーするので迫力が伝わってくる。ゴール前のFKは絶対ダメ。
後半は全くの柏ペース。
五輪代表の酒井の折り返しがDFに当たってオウンゴール。2点目も酒井のクロスを10番の外人に合わせられた。これで同点。
このままずるずるやられてしまいそうな展開だったが、相澤のファインセーブなどもあり何とかしのいだ。
そして、39分。途中交代で入った久木野がDFをかわしてシュート体制に入ったところを倒された。
PK!。
蹴るのはジュニーニョ。
このところ散々がっかりさせられてきただけに祈るような気持ちで見ていた。
キーパーの逆をついて左ゴールネットに突き刺さった。
この1点を最後まで守りきって勝ち点3ゲット。
ただし、代償も大きい。
あとで知ったことだが、憲剛は発熱、稲本は膝痛。
矢島は大腿部の痛み(肉離れ?)、柴崎も内転筋の痛みで途中交代。
次のアウェイ新潟戦にこの4人のうち何人が出られるか。
層は厚くなっているので、この日の後半のように戦えば何とかなるとは思うもののチト心配。

|

« 翔太ラーメン餃子セット | トップページ | なでしこジャパンの優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翔太ラーメン餃子セット | トップページ | なでしこジャパンの優勝 »