« 男子食堂 | トップページ | 寝ぼけたエントリー »

2011.06.01

A代表ペルー戦・U22オーストラリア戦

今日はサッカー観戦が忙しい。代表戦が2試合もある。A代表は対チリペルー、U22は対オーストラリア戦である。

A代表のワタクシ的視点は柴崎がどう使われるのか。
ホントに憲剛抜きでいいんだね。という2点。
試合自体はセルジオ越後さんが解説で言っていたように、サイドブレーキを引いたまま走っている自動車のようだ。なんか重いし、スパッと決まるところがない。
柴崎は起用されず。
後半ロスタイム終了間際に遠藤がFKを蹴った。
位置は先日憲剛がガンバ戦で決めたサヨナラFKとほとんど同じ。
キックは左にそれて試合終了のホイッスル。0:0の引き分け。
遠藤はいい動きもして働いているのだが、90分を通してみると消えている時間が結構ある。これは、日曜日のリーグ戦でも同じだった。
U22の試合は最初からビデオ視聴の予定。
この試合は3人招集されているフロンターレ勢には出場機会なし。
このチームにはすごく期待感を持たされる。3:1の逆転勝ち。
永井は2得点1アシスト。他に清武、山崎、大迫などが目立つ。
試合後のインタビューで関塚さんもすごく余裕があった。
このメンバーだと登里、實藤なかなか先発は難しいかなと思った。

|

« 男子食堂 | トップページ | 寝ぼけたエントリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男子食堂 | トップページ | 寝ぼけたエントリー »