« 昼休みラン | トップページ | かすみがうらマラソンだったはずの日 »

2011.04.10

桜の下を走る

バンクーバーマラソンまであと3週間となった。震災以後の胸の奥に鉛のようなものが詰まった重い気持ちでなかなか気合いが入らない。でも、キャンセルという選択枝はない。

Img_0555
都知事選挙は先日住民票を取りに行ったときについでに期日前投票をしてきた。特に投票日に予定があったわけではないが、この機会に投票しておかないとわざわざ投票所には行かない可能性があったからだ。
それほど、今回の都知事選には投票したい候補がいなかった。かといって棄権では有効投票数の25%以下にして石原慎太郎を落とす力にはならない。ホントは全部×という気持ちなのだが、「その他」の候補に入れて来たのだった。
そんなわけで、一日中走っていてよい日となった。
フルマラソン3週間前に30km走。ちょうどよいのではないか。
多摩川に出て丸子橋を渡って上流に向かい多摩水道橋から戻ってくるコース。30kmには少しかけるのだが最近の近場ロングのお決まりコース。予定所要時間は3時間半。
多摩川の堤防では桜が満開。お花見の人たちがずらり。脇を走りながら開いているお弁当をチラ見するのだが、こういう所で食べるお弁当はどうしてこんなに旨そうに見えるのだろう。
唐揚げにしても、おにぎりにしても、普通のものなのに。
iPhoneにダウンロードした小田嶋隆、平川克美さんたちの対談「大震災後のメディア・コミュニケーションについて」などを聴きながら走る。
Runkeeperも同時に走っているしカメラも使うので電池の消耗は早い。電源喪失の恐ろしさは今度のことで痛感しているので予備バッテリーもポーチの中に入っているのだ。
気温は高くなって汗をかいてしまったがやはりいい季節だ。びしょ濡れ状態にはならない。
登戸のお茶屋さん前の自販機でイオン飲料500ml。給水はこれだけで済んだ。お茶屋の前では年配のランナー集団とおぼしき一団が宴会をしている。乱入することも一瞬考えたがまだ16km地点。自重して前進する。止まったのはこの時だけ。
その後は世田谷通り、還八と排気ガスをいっぱい浴びながら何とか予定通りにゴール。
この時期に海外でマラソンを走るのである。
バンクーバーでの50歳台自己新はあきらめたが、日本人が背中を丸めてとぼとぼ歩いている姿だけは絶対に見せるまいというくらいの心意気はある。(うーん、そこまで言っていいのか)

|

« 昼休みラン | トップページ | かすみがうらマラソンだったはずの日 »

コメント

え、先生バンクーバーマラソンですか!!
身体に気をつけて、御健闘を祈ります〜〜w
、、都知事選、残念でしたね、、。

投稿: ぴかぴかまま | 2011.04.24 22:37

絶好調とまでは行きませんが、まあまあの体調です。楽しんで走ってきます(^_^)/

投稿: 院長 | 2011.04.25 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼休みラン | トップページ | かすみがうらマラソンだったはずの日 »