« 久しぶりに長い距離を走った | トップページ | 臨時代議員会・臨時理事会 »

2011.03.27

シュルレアリズム展

休日の朝は駒沢公園に走りに行く。昨日の遠回り帰宅ランがたたったのか、踵の痛みがぶり返してまともに着地ができない。

それでも、走り出すと少しずつ痛みが気にならなくなってくる。
無理はするまいと8kmちょっとで終了。
午後は国立新美術館の「シュルレアリズム展」へ。
アンドレ・ブルトンの「シュルレアリズム宣言」から引用された解説がいくつもある。懐かしい本である。
高校、大学の頃の友人たちの書架にも必ずといっていいほど、この本があった。
内容は、というと何も覚えていない。驚くほど、何も覚えていない。
あの頃の「シュルレアリスト」の集合写真がある。みなスーツにネクタイ、帽子をかぶっている。
シュールな人はだれ一人いないのである。
Img_0502 Img_0503
美術館へいく前にミッドタウンの「山の上」で天ぷらを食す。
春の彩りコース。
こごみ、たらの芽、そら豆などの野菜の天ぷらがサクッと揚がっていて美味。
夕方から築地でワクチン啓発サイトの運営委員会。
節電のため暖房オフ。6時を過ぎるとさすがに寒くなる。
7時過ぎまで会議。
帰っても晩飯はないと宣告されていたので、途中の寿司屋で一人呑み。
カウンターの隣で浦安から避難してきたというご夫婦が浦安の状況を話している。
いまだに上下水道が復旧しないのだという。
水道は何とか調達できるのだが、下水を流せないのだそうだ。これはたまらないと。
築地の寿司屋に避難できるのはそれでも幸せじゃないですか。

|

« 久しぶりに長い距離を走った | トップページ | 臨時代議員会・臨時理事会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに長い距離を走った | トップページ | 臨時代議員会・臨時理事会 »