« 雪中ラン | トップページ | バレンタインデーのチョコ »

2011.02.13

多摩川両岸を走る

青梅マラソンまであと1週間。一度は同じ距離の30kmを走っておかないと不安。なにしろ2年前は25km関門でタッチアウトだったのだから。

ということで、2日前に走る予定だった30km走を敢行。
丸子橋ー多摩水道橋の両岸にオプションで多摩水道橋から中野島堰までの往復6kmを加えると26km、これに家からの往復をプラスして30km。
いつも履いているナイキのシューズは2日前にぐしょ濡れになってまだ乾かない。とてもフィットしているので同じシューズを手に入れたかったのだが、すでに製造は終わっていてどこに行っても手に入らない。
後継モデルを買おうとしたらこちらもサイズが無くてお取り寄せとなった。手に入るのは来週。
ということで、あまり履いていないアシックスで走り出す。ナイキより全体に硬い印象。砂利道で左足だけに小石が入ってくるのは走り方の問題か。
天気はよくて気温もまあまあなのだが川沿いは風が強い。キロ6分半くらいのペースで途中でつぶやいたりせずに淡々と走る。休憩、給水はなし。そういえば朝はコーヒーとバナナ1本だけ。
サイクリンロードでただ1箇所の小田急鉄橋先のドリンク自販機はなんと空っぽ。コインを入れても空しくチャリンと帰ってくる。給水をあきらめて走り出す。
多摩水道橋まで来て、このまま橋を渡って帰ろうかと一瞬悪魔のささやきがあったのをぐっとこらえて中野島堰まで。ここで20km。
中野島堰でUターンしてからが辛くなる。先週の月例湘南では20kmまでビルドアップで走れてまだ余力があったように思うのだが、そうでもないのだ。
多摩水道橋を渡った世田谷側は砂利道の部分が多くて閉口する。
二子玉まで来たところで28km。空腹で完全にガス欠状態。
こりゃダメだと、蕎麦屋に入って鴨せいろとビールで試合終了宣言。2km足りないけどまあいいか。
やはり給食、給水は大切。

|

« 雪中ラン | トップページ | バレンタインデーのチョコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪中ラン | トップページ | バレンタインデーのチョコ »