« 年イチのスキー | トップページ | ネコの近況 »

2011.01.16

ろくでなし啄木

先日三谷幸喜の新作「ろくでなし啄木」を観てきた。珍しく先行抽選発売で当たった。抽選で申し込めるのは2名までなのでいつものメンツは誘えずカミさんと二人。

藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵の三人芝居。
藤原竜也が石川啄木である。この三人はNHK大河ドラマ「新撰組!」の沖田総司、藤堂平助、八木家の娘ひでも同じような組み合わせ。このあたりのことは朝日の夕刊に作者の三谷氏が詳しく書いている。
若くして亡くなった天才詩人が、実は女たらしで、カネにだらしなく、とっても嫌な奴だったと言うお話しと言えば身も蓋もないが、まあそんな話し。
三谷氏の芝居には珍しく絡みのシーンもあるのだが、吹石一恵さんはそう色っぽい人ではないので、からっとしたものである。
3人とも大熱演。二幕二時間半はだれるかと思ったが最後まで眠気はおそってこなかった。
次に公開される三谷氏の新作は「国民の映画」。全く違った趣向のようだ。
いろんな引き出しがまだまだあって才能の枯渇という心配はなさそう。
おかげでチケットは入手困難。
今のところ抽選販売はハズレ続けている。

|

« 年イチのスキー | トップページ | ネコの近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年イチのスキー | トップページ | ネコの近況 »