« 電子カルテの27インチiMacが立ち上がらない | トップページ | 走り納め »

2010.12.23

ラクエン

落語の柳家喬太郎とカムカムミニキーナの松村武がが落語と演劇のコラボレーションをやるというので、チケットをゲットした。落語と演劇で「ラクエン」。

2日間で4回公演。天王洲銀河劇場というあまり大きくない箱なのだが千秋楽で七分の入り。2階席は入っていない。
落語の「抜け雀」という話しを落語、演劇でつないでいってどんどん膨らませていこうという趣向。アイデアは面白い。落語と演劇がフリージャズのように絡み合ってドタバタになっているのかと期待したのだがなかなかそうはいかない。
どうしても筋立てが落語なので、演劇の方が落語の語りが引き出す想像力について行けない。
演劇になると何かだれるのである。松村武のトーク場面もなかったし。
落語の方も最後の場面では登場人物が6−7人にもなってしまって、大熱演の柳家喬太郎師匠も今誰を演じているのかわからなくなってしまう。まあ、これは落語の宿命だが、果敢な挑戦に拍手。
ということで、少々消化不良の状態で帰宅。

|

« 電子カルテの27インチiMacが立ち上がらない | トップページ | 走り納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電子カルテの27インチiMacが立ち上がらない | トップページ | 走り納め »