« 天皇杯4回戦雨中に散る | トップページ | ジャズライブ@青山 »

2010.11.18

カレーつけ麺考

溝ノ口のむつみ家でカレーつけ麺を食す。
カレーは毎日でも食べたい。しかしつけ麺を食べたいと思うのは年に数回。で、たまたま両者の周期が一致した(って、カレーには周期がないじゃん)。

Img_0256Img_0257
以前からなんでつけ麺の麺の量はラーメンの麺の量より多いのかという素朴な疑問があった。まあ、ちょっと考えればわかることではある。
大体どこの店でもつゆ麺の1.5倍くらいの量。2倍という所もある。
つゆ麺と同じ麺の量だと全くボリューム感がない。見た目がかなりさびしい。
最後にスープを飲み干すということがつけ麺ではない。スープの分だけでも満腹感は違ってくる。そば湯みたいに麺のゆで汁をつぐという話しは聞いたことがない。
で、ここにご飯が登場する。
麺を食べた後つけ麺のつけだれにご飯をぶち込む。カレーつけ麺に至ってはカレーライスになるだけ。
これがなかなかのヒットなのである。
ラーメンのスープにご飯をぶち込む時は少し周囲の視線を気にするのだが、カレーつけ麺にご飯は堂々とできる。メニューにも最後はご飯を入れてお召し上がりくださいと書いてある。
麺の量が多くてその上最後にご飯ではカロリーオーバーになるけど、ちゃんと運動してるから平気だもん!

|

« 天皇杯4回戦雨中に散る | トップページ | ジャズライブ@青山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇杯4回戦雨中に散る | トップページ | ジャズライブ@青山 »