« メドックマラソン | トップページ | ネコ様近影 »

2010.11.14

フロンターレ対鹿島戦

鹿島はまだ優勝ののぞみはわずかではあるが残っている。もし負ければ名古屋の優勝がほぼ決まる。そう言う相手で、かなり厳しい戦いになることは明らか。

ゲームを挟んで一日走っている予定で出かける。
前半先制したのはフロンターレ。けがの田坂の代わりに先発した楠神が右サイドをドリブル突破してクロス。矢島があわせて強烈なシュートがバーをたたく。ヴィトールがその跳ね返りを冷静に決める。
流れるようなカウンターだった。素晴らしい。
しかし後が続かない。中盤のボールは鹿島に支配される。
いやなところでFKを取られて、いやな予感がしたが案の定FKからファーサイドにいた中田浩二に決められて同点。
相澤が岩政と競り合って倒される。岩政は頭から出血、相澤は脳震盪だったようで一度は立ち上がって守備についたが後半からは杉山がゴールマウスをまもる。
結果的には後半の杉山のミスで決勝点を奪われたのでこのけがも痛かった。
失点場面は見ていた場所からは一番遠い対角線上の出来事だったので何が起きたのかわからぬまま。帰ってきてネットで何が起きたのか確認。
何せホームでは失点シーンは映像が映されない。
ただここでの失点より、もう1点が取れなかったことの方が大きな問題。
ジュニーニョはそこそこいい動きをしていたが本調子とはほど遠い。鹿島戦ではいつもまさかと思うようなシュートを決めていたのだが、今日はその迫力がなかった。
ルーズボールを取られていたので、無理して奪いにいった憲剛がイエロー1枚。これで次節FC東京戦出場停止。これも痛い。
最後までうまく鹿島に時間を使われて同点の気配もなかった。
タイムアップの笛を聞いたらソッコーで帰り支度。帰路は遠回りして走る。
往復併せて22km。
これでまだフルマラソンの半分。日暮れて道遠しとはこのことだ。

|

« メドックマラソン | トップページ | ネコ様近影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メドックマラソン | トップページ | ネコ様近影 »