« トマト鍋 | トップページ | あと4日 »

2010.11.27

Kengo14

フロンターレ今季ホーム最終試合。相手は浦和。スタンドが真っ赤になるかと思ったがあちらさんも低迷状態でサポーターの出足がよくないのか。

Img_0295 Img_0296
ゲームは開始早々右からのクロスに矢島が頭であわせて先制。スタートはよかったがその後の追加点が取れない。浦和も今期限りというポンテが存在感を示してモチベーションは高いようだ。
一進一退のはらはらする試合展開の中、後半途中から入ったエスクデロに決められて同点。
結局最後までフロンターレはゴールを割れず1:1のドロー。
数字の上ではまだ3位、4位の可能性は残るが明日セレッソが勝ったら終わり。
走って帰ろうと思って売店の前を通りがかったら憲剛のDVDを売っている。本日発売。
ソッコーでゲット。帰ってゆっくりと見ることにする。
とにかく憲剛がらみのゴールを総集編みたいに集めてあるので、まあ、点の入ること入ること。今日の、あと1点の入らない試合なんてあるのかしらといううような気がしてくる。
パスを繋いでのゴール、強烈なミドル、得点に結びつくスルーパス、これだけまとめて見ると壮観である。
見ていて思うこと。
ジュニーニョのスピードがすごい。前を向いてDFと並んだらまず勝つ。(というか、勝ったシーンだけつないであるのね)。
今のジュニーニョはやはり盛りを過ぎた感が否めない。
テセがなんだかんだいって決めている。特にリスタートから。
最近CKやFKで得点の気配がしないのはテセの不在が大きいように思う。

憲剛がベストゴールに選んだ1点。
入団した年のアウグストからのクロスを直接たたきこんだもの。これは確かにすごい。


|

« トマト鍋 | トップページ | あと4日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トマト鍋 | トップページ | あと4日 »