« 天皇杯3回戦 | トップページ | 多摩川を走ると »

2010.10.17

等々力往復

リーグ戦のモンテディオ山形戦を観戦するために等々力まで走る。ナビスコ準決勝戦、天皇杯3回戦と中2日が続く強行日程。

Img_0154等々力に着いたのはキックオフ10分前。マイボトルにビールを買って席に着く。観客は結構入っている感じで八分の入りというところ。帰りも走るのでビールはこの一杯に。
憲剛が帰ってきて稲本とダブルボランチ。田坂の代わりに楠神が先発。あとはその前の2戦と同じ。
やはり疲れのせいか前半から飛ばすというペースではない。
前半の終わり頃にフリーキックから憲剛が素早くジュニーニョへパス。ジュニーニョはフェイントで1人をかわしていきなりゴール左上にミドルシュート。素晴らしい。1:0で前半は終了。
後半はゴール量産の予感がしたのだが、結局開始早々の憲剛の左足ミドルの1点だけ。狙いすましたシュートで素晴らしかった。
後半の10分頃にジュニーニョが突然交代。ケガのようで心配。
今日の情報では左足ふくらはぎの肉離れ?ということだ。せっかく帰ってきて絶好調なだけに、もしここで長期離脱と言う事になったらチームにとって致命傷にもなりかねない。
矢島が代わって入ったが、プレースタイルが違うというだけではなくやはり格が違うのだ。前半戦でジュニーニョが抜けていたときはレナチーニョもテセもいた。今は2人ともいない。
黒津も今ひとつなだけに、なんとか軽傷であって欲しいと願うばかり。10番じゃなくて12番のユニを着ていったのがいけなかったのかと反省する。
ゲームは2:0で勝ちきって5位キープ。得失点の点で言えばあと1-2点欲しかったのだが、贅沢は言えまい。相澤の好セーブで失点ゼロということも大きかった。
2位のアントラーズまで勝ち点差は2だ。1位は・・・まあ、いいだろう。
試合終了後、いつもはさっさと帰るところだが、今日は時間があるのでインタービューや憲剛のハンドマイクでのアピールを聴いて帰った。
帰りは遠回りして多摩川を下流へ下ってUターン。
暗くなると足が軽くなる気がするのが不思議。
往復あわせて16km。
帰宅後のビールがまたまたうまかった。

|

« 天皇杯3回戦 | トップページ | 多摩川を走ると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇杯3回戦 | トップページ | 多摩川を走ると »