« iPhone4に近づく | トップページ | iMacついにアウト »

2010.08.05

黄いろいにんじんが閉店

奈良市の東向商店街にあった喫茶店「黄いろいにんじん」(黄色いではなかった)がこの6月で閉店されたそうだ。マスターから葉書をいただいて知った。

「舵が急に止めたいモードになった」とのこと。今年の春に行ったときにはいつ止めるか分からないようなことを言っておられたので「舵」は少しずつ止める方に向かっていたのではないかと思う。
1970年ごろに開店。マスターはそれまで東京で写真の仕事をしていたと聞いた。
髭に黒縁眼鏡でその頃「潜行中」だった京大助手の「滝田修」氏に似ていた。
カウンターの奥を見やりながら我々は「滝田の世を忍ぶ仮の姿ちゃうか」とヒソヒソ声で話した。
「滝田修」氏が逮捕された後も「にんじんのマスター」はカウンターの中でコーヒーを淹れてめざしを焼いていた。どうやら別人だったようだ。
帰郷のたびに立ち寄った「黄いろいにんじん」。今度お盆で帰るときにはもうないということ。
葉書には閉店の件を当時からの友人たちに伝えてくれと書かれてあった。

|

« iPhone4に近づく | トップページ | iMacついにアウト »

コメント

大仏さんとか阿修羅とか神社仏閣をのぞいて、数少ない変わらぬものだったのですが、ついに閉店しましたか
春に行ったときは、何となくもうそろそろなのかなという感じを受けたので、夏に来るからまだやっててくださいと心の中で言って帰ったのですが・・・
私たちもマスターも年をとったと言うことで仕方のないところなんでしょうね

マスターが健康を害して店を閉めたのでなければよいなと思っています

ついでですが、夏に奈良に帰れなくなってしまいました
妻が、サイクリングで大転倒をやらかしまして、右手首(ここは2回目です)右鎖骨、左膝蓋骨を骨折してただいま入院中です

投稿: okazaki | 2010.08.08 01:07

今週末に奈良に帰ったらマスターのその後の消息を聞いてみます。

奥様の骨折は大変ですね。ロードレーサーにでも乗っておられたのか。一刻も早いご回復をお祈りします。

投稿: 院長 | 2010.08.09 17:34

幼稚園と小学校の頃に親に二度連れていってもらって以降憧れ続けた場所でした。時計が沢山あって不思議で夢のような異空間。トトロのうろに落ち込んだような、『モモ』の世界に来たような、時の狭間。一斉に鳴る時計の音。もう一度行きたいと思い、でもいつでもあると思い、「あの喫茶店はどこにあるの?」と尋ねることもないままのんびりする内に、無くなってしまったことを知りました。寂しくなり、どこかに移転していたらいいのに、と思い検索してみましたが、もう完全に閉めてしまわれていたのですね。消えてしまったことで、憧憬が深まってしまいました。またいつか、あのような空間に出会ってみたいです。

投稿: okada | 2013.02.11 11:42

今更ですが…ふと思い出し(奈良・カフェ・めざし)とわずかな記憶を元に検索していたところ此方に行き着きました。
「黄色いにんじん」たしかにそんな様な名前でしたね。記憶がよみがえりましたw

もう30年ほど前ですが、元々奈良生まれではありましたが今は大阪在住な私は、友人と奈良に遊びに行った時になんとなく雰囲気にひかれてたまたま「黄色いにんじん」に入りました。
そしてたまたま座った席のテーブルが…なんと私の祖父がやっていたお店の看板だったのです‼︎ 大きな一枚板の、屋号もそのままに残されたままつかわれていました。今なら写メ撮りまくりだったでしょうが当時は携帯もなくカメラも持ち歩いてませんでしたから、私の頭の中にだけ残ってました。
急に思い出し、今度は必ず写メ撮りたい!て思って調べだしたのですが…そりゃそうですよね、30年も経っていればお店があったとしてもあのテーブルはもう無いでしょうし…。
別サイトで今は違うカフェになって内装もガラリと変わっている様子でした。
残念です。おばさんになった今ならあの看板がテーブルになった経緯なんかもズケズケマスターにお聞きできただろうに…なんて思ってしまいます笑

突然お邪魔して長々と私情を並べる無礼お許し下さいm(_ _)m
こちらに出会えてよかったです。
ありがとうございました!

投稿: 奈良子 | 2015.09.12 04:50

「黄いろいにんじん」のテーブル席のテーブルトップがおじいさんのお店の看板だったのですか。
それは、巡り合わせですね。
マスターは古い時計を集めるのが趣味で、私の実家をたたむとき、戦前のアメリカ製の古い置き時計を託しました。
しばらくして、やはりこれは持っていることは出来ない。自分はこの時計と持ち主の歴史に責任が持てないと言って返されました。
たぶん、テーブルになった管板に共有したい気持ちがあったのかなと思います。聞いてみられるとよかったですね。
残念ながら、にんじんのマスターのその後の消息は分かりません。

投稿: 院長 | 2015.09.14 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone4に近づく | トップページ | iMacついにアウト »