« 見舞いと蕎麦 | トップページ | 対大宮戦&激励会 »

2010.07.13

つかこうへいが死んだ

つかこうへいが死んだ。今年の一月に肺がんを公表していたが、すでに末期の状態だったようだ。やはりヘビースモーカーだった。

つかこうへいの登場は地方都市の学生劇団にも大きな衝撃だった。当時のトレンドは唐十郎の三番煎じ、四番煎じばかり。時流に乗るのが得意の我々は早速飛びついた。
「熱海殺人事件」「初級革命講座飛龍伝」「戦争で死ねなかったお父さんのために」「出発」・・・
4本やってるんだなあ。
その後長いご無沙汰。阿部寛の「熱海殺人事件モンテカルロイリュージョン」で再会した。
つかさんの病気がわかった後で「飛龍伝」「広島に原爆を落とす日」の二本のチケットを取るチャンスがあったが、結局、まいいやということで流してしまった。
この日が来るのはわかっていたのだから、見ておくべきだったのだなあと。

つかさんのご冥福を祈ります。

|

« 見舞いと蕎麦 | トップページ | 対大宮戦&激励会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見舞いと蕎麦 | トップページ | 対大宮戦&激励会 »