« つかこうへいが死んだ | トップページ | カレーつけ麺 »

2010.07.14

対大宮戦&激励会

W杯の中断あけ最初のJリーグ。相手は大宮アルディージャ。テセと川島がヨーロッパ移籍でぬけ、レナチーニョと森勇介が出場停止、ジュニーニョ、寺田周平のケガはまだ回復せず。

先発は伊藤をサイドバックにして稲本、憲剛のダブルボランチ。谷口トップ下で黒角ワントップ。両翼はヴィトールと田坂。
やはり攻撃が機能しない。稲本が絶妙のパスカットで前進し、憲剛からスルーパスが出るが最前線に繋がらない。谷口も黒津も迫力がない。
相澤は無難な滑り出し。相当緊張してるだろうなと思うが、前半に一本ファインセーブして落ち着いたようだ。
前半は決定的なチャンスもピンチもなく0:0で折り返す。
後半途中から谷口に代えて楠神を入れてサイドに。憲剛がトップ下に上がる。田坂が下がってボランチ。
これで攻撃のバリエーションが増えるかと思ったけど、前線の突破力がなあ。いつも超強力スリートップを見ているせいか、歯がゆいばかり。
後半40分には黒津がキーパーもかわしてあとはゴールに流し込むだけというシュートを外してしまう。
結局スコアレスドロー。
これでは勝てません。負けなくてよかったけど、マルキーニョスや興梠がいたら1点や2点は取られていただろう。
Img_3266Img_3255試合後に海外移籍する川島とテセの激励会がある。バックスタンド前のステージに上がって二人の挨拶。
気持ちよく送り出してくれたフロンターレとサポーターに感謝の言葉。
テセはまた泣いた。涙腺ゆるいな、あいつは。紹介では「ガラスのハート」と言われていた。
川島は前所属のアルディージャサポーターに挨拶に。アルディージャのサポーターも最後まで残っていた。有り難いことだ。
ともあれ、今週末もまたこの二人の抜けた陣容で鹿島相手に戦わねばならない。
いきなり正念場だな。

|

« つかこうへいが死んだ | トップページ | カレーつけ麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つかこうへいが死んだ | トップページ | カレーつけ麺 »