« ジュニーニョ復帰!京都戦 | トップページ | ベガルタ仙台戦 »

2010.07.30

サイバラ

西原理恵子の半生をモデルにしたドラマ「崖っぷちのエリー〜この世で一番大事な『カネ』の話」。今夜が第4話。

「この世で一番大事な『カネ』の話」は刊行直後に読んだ。壮絶な貧乏の話で、なまっちろい我が人生を顧みてこういう人にはとてもじゃないが勝てんなあという感想。でも好きなのだなサイバラさんが。
それがテレビドラマ化されるというので真面目に観ている。
今日は「恨みシュラン」のはじめの頃のエピソードをもとにしたと思われる話。コータリユージ氏が小泉孝太郎かよ、それはちょっと無理があるんじゃないということはさておく。小泉孝太郎家を上流、サイバラ家を下流とするような単純化した対立の構図というのはちょっと安直すぎて頂けないなという感想である。
このところ録画してまできちんと見るドラマは限られてきているので、この先のもう少しがんばってねという期待を込めてこのドラマを観ていこうかなと思うわけである。

|

« ジュニーニョ復帰!京都戦 | トップページ | ベガルタ仙台戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュニーニョ復帰!京都戦 | トップページ | ベガルタ仙台戦 »