« 臨時特急「まほろば」 | トップページ | フロンターレ対湘南戦 »

2010.04.28

ACL予選リーグ敗退

医師会の委員会が終わって10時前に帰宅。ACL北京国安戦をを時間差視聴する。リアルタイムでも8時30分キックオフなのでまだ試合は続いている。

今年のACLはスタートが悪すぎて一度は終戦宣言をだしたくらい。それが城南一和戦の快勝とメルボルンのがんばりで最終戦の北京国安に勝てば2位通過という所まで押し戻した。
いやが上にも期待感は高まるが、最終戦の中国はどうもよろしくない。
昨年もGWに中国は天津。予選リーグ突破は決まっていた消化試合だった。それなのにボロ負けして結局は2位通過となってしまった。天津まで応援に行って帰路は結構怖い目にあったのも今では懐かしい思い出だが、やはり相性というのがあるのだろう。今回もイヤな予感はあった。
テセ、稲本、ジュニ、寺田が欠場。憲剛とヴィトールが戻ったとは言えこれはきびしい。
前半早々の怒濤の攻撃の時に一点も取れなかったのが大きかった。その後はパスが通らなくなり、信じられないような失点をしてしまう。
シュートは放つがキーパーの守備範囲、まあファインセーブというのもあったけど。
後半早々に2点目をとられる。これで万事休す。勝つには3点が必要。とても3点取れる勢いはない。
レナチーニョも交代してしまって、木村、登里、楠神の若手3人が登場。若手にチャンスをという試合になってしまった。
その若手が思うように動けず、最後まで見せ場は作れなかった。
0−2で完敗。完全に相手の思う壺。
やはり、テセの出場停止が大きかった。今季ACL敗退のA級戦犯はテセだな。
もうACLはいいからリーグ戦で頼むよ、と言おうと思ったら、今度の湘南戦は累積警告で出場停止だもんなあ。

|

« 臨時特急「まほろば」 | トップページ | フロンターレ対湘南戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臨時特急「まほろば」 | トップページ | フロンターレ対湘南戦 »