« キリン杯ベネズエラ戦 | トップページ | 寿司の次郎長の近況 »

2010.02.04

ターミナルアダプタ昇天

診療中に車のディーラーから携帯に電話が入る。何事かと思ったら、修理が終わったので約束の時間に届けに行っているのだが電話が話し中で繋がらないと。呼び鈴を押しても出ないらしい。カミさんは風邪で伏せっているのだが携帯も出ないとなると、何かあったのか・・・

携帯に何度かかけ直しているうちにやっと気付いて電話してきた。どうやら無事らしい。
携帯はリビングに置いてあって寝室にいたので気がつかなかったとのこと。固定電話はどうなっているか聞いたら、受話器を取ってもツーッという音が聞こえないという。NTTに確認してもらったら回線に異常はないと言うことでISDN回線をアナログ電話で使うためのDSUとターミナルアダプタに問題があるのではないかという事だった。
帰宅して階段室に置いてあるターミナルアダプタ(TA)をチェック。インジケータランプがすべて消えている。電源がいかれているということだ。このAIWAのDSU内蔵のTAはこの家に越してから2代目。8-9年しか使っていないのだが、こういうものには寿命がある。しげしげと眺めるに、電話という安定性を要求される設備にしては見るからにチャチな機械である。
当時はインターネット接続はISDNが最先端。ISDN回線の敷設は順番待ちだったのである。ADSLやケーブルテレビのインターネットが主流となってデータ通信ではあっという間に過去の遺物となってしまった。それでも、電話に関しては1回線で電話が2本使えるというメリットでかろうじて生き残っていた。
わが家でもインターネットはとうの昔にケーブルテレビに乗り換えていた。電話の方も家族がみな携帯電話を持つようになったら2回線使えるメリットもほとんどなくなっていた。
そんな状況だったが、とりあえずすぐに電話を復旧させるにはターミナルアダプタを交換するしかない。ということで、コジマへ飛び込む。ところが今どきISDN関連の機械の売り場などどこにもない。
店員に聞いても要領をえず、あちこち探し回ってハブやルーターの売り場にNECのAtermが1機種だけ置いてあるのを見つけた。コジマではもうこれしか扱っていないという。
選択の余地無く購入して家に戻る。早速壊れたTAと交換しようとケーブルを刺し直そうとしたら買ってきたAtermにはS/T端子が無い。あれ、これはTAの単体でDSUは内蔵ではないぞ。
憮然としてケーブル引き抜いてもう一度Atermを箱に戻してまだ開いているコジマへ返品に行く。返品はとりあえずオーケー。
さて、どうしたものか。考えられる方法は三つ。
1.なんとかDSU内臓のTAを入手してISDN回線を継続使用する。NTTに電話したら「INSメイトV30」というのがあって、今発注すれば3−4営業日後には届くという。
2.ISDNを解約して通常のメタル回線に戻す。電話番号は一つしか使ってないのでこれでも不自由はない。ナンバーディスプレイもできるはず。これも電話して聞いたら工事完了までに3−4営業日が必要。
3.ケーブルテレビでインターネットを使っているのでIP電話に乗り換える。電話番号も変わらないらしい。どうもまだIP電話というものに信頼が置けないのだがISDNがこれだから、まあ何でもよいか、という気になる。どのくらいで工事が終わるか聞こうと思ったらすでに電話対応の時間を過ぎていた。

結局、すぐには復旧しない事がわかった。
まず、1.はないだろうなあ。またTAが壊れたら今度はもう作ってないかもしれない。
2. 3.どちらにするかだが、ケーブルテレビはインターネットとセットでIP電話を契約すると安くなるので結局はIP電話か。

いずれにしろ、当分わが家の家電は不通ということだ。

|

« キリン杯ベネズエラ戦 | トップページ | 寿司の次郎長の近況 »

コメント

こんなときのためのターミナルアダプタ、譲っていただいてしまいましたねぇ。ちょっと申し訳ない思いですぅ。無事に解決されたようで安心しました。

投稿: 山猿 | 2010.02.07 13:19

そうか、山猿さんとこにTAが行ってたんですね。忘れてました。あれは私の認識としてはISDNのダイアルアップルータでアナログ電話を接続するものではなかったですね。そう言う使い方をしてたもので。
ところで島にADSLは来たのでしたか?島に何カ所基地局があるのかわかりませんが、かなり距離ができそうです。光の誘致運動やりましょう。

投稿: 院長 | 2010.02.07 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キリン杯ベネズエラ戦 | トップページ | 寿司の次郎長の近況 »