« サヨナラISDN→光電話 | トップページ | 日韓戦 »

2010.02.11

仏壇購入

AppleからiPadは発売されたがJobsのキーノートスピーチでもiButsudanのアナウンスはなかった。いよいよ期限も近づいてきたので、バーチャル仏壇はあきらめてリアル仏壇を購入することした。

Img_1311前回の偵察でだいたい仏壇にどういうものがあるかの見当は付いた。問題はこちらの置き場所にあることがわかった。リビングや寝室に出しっぱなしで置くのなら現代風のあまり仏壇らしくないものがよさそうだ。しかし、常時そういうものが出ているというのも少々引っかかるところがある。しかも、家に仏壇を置くという決意の潔さがない気がする。どうせ置くならしっかり浄土真宗のルールに則った仏壇っぽい仏壇を置こう。心さえあれば形などどうでもよいというが、こちらはその心が心許ないのでせめて形だけでも整えておかないといけない。
でも、いつも出ているのは困るので、和室の収納の一部を改造してその中に納めるというところで落ち着いた。
ということで現代仏壇ではなく伝統的な仏壇を購入することにして「お仏壇のは○がわ」へ。前回、立派なカタログをいただいて帰った現代仏壇のショールームの方には申し訳ないがそういうことなのであります。
和室の収納には上下2段計8枚の扉があり、そのうちの1枚分が仏壇スペースとなる、サイズを測ってちょうど納まりそうなサイズをみる。仏壇のサイズには号数があって、わが家のスペースでは18号か20号がちょうど良さそう。
さすがに黒の漆に金箔ぴかぴかのものにはひるんでしまい、江戸指物師櫻井久明氏の作になる菩提樹材の新和風仏壇に決定。仏具なども揃えると結構な金額になるが、覚悟していた額よりは安く上がった。これも売却した実家の供養である。購入原資(おお、こういう所で使うのだ、この言葉は)は実家の売却代金を当てる予定だし。
めでたく納入の日も3月の大安の日に決まり、何となく心が落ち着いた安らかな気分になる。不思議なものだ。

|

« サヨナラISDN→光電話 | トップページ | 日韓戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サヨナラISDN→光電話 | トップページ | 日韓戦 »