« 七草がゆと蕎麦 | トップページ | Apple Store 梶ヶ谷 »

2010.01.11

白根温泉・丸沼高原

成人の日の連休は恒例の白根温泉・丸沼高原<スキー&温泉&ワインの旅>。土曜の診療終了後に冬タイヤに履き替えた車で関越自動車道方面へ。

Onsen_2丸沼高原のペンションの少し手前の国道沿いに白根温泉加羅倉館の外湯がある。番台はなく前の橋を渡って旅館に@410円を払いに行く。ペンションの夕食前にここでひとっ風呂なのだが、ここのお湯は中々手強い。源泉は60度以上なのでうめていて42度と書かれているのだが、体感的には44度-45度。御徒町の燕湯よりはちょっとぬるいかなというレベルである。湯は熱いがまろやかで身体はつるつるする(ような気がする)。とにかく熱いお風呂があるだけでそれ以外一切付加的設備はない。たいへん潔い温泉なのである。
ペンションにもお風呂はあるのだが、誰も入らない。いっそペンション村に温泉を引けばいいのだろうがこれは権利やなにかで大変なんだろうなという気はする。
引くといえば、ペンションにNTTの光回線が引かれたようでペンション内はWiFi接続が出来るようになっていた。iPhoneのソフトバンクは今も圏外。イーモバイルも昨年来たときは圏外だったのでネット難民にとってはありがたい変化である。
Siranesanスキーはここ数年で最高の天気に恵まれた。雪はたっぷりあるし、初日曇り時々晴れ、2日目晴れ。
白根山がくっきり見える。
唯一の誤算はY本先生の口車に乗せられて「シルバーコース」という長いコブ斜面に入り込んだこと。命からがら降りてきたが足腰がたがたとなる。「シルバー」っていうから中高年向き斜面かと思ったら違うのである。
例年のごとくY口先生持ち込みのドイツ白ワインを次々にあけて蘊蓄を傾けるワインの夕べもつつがなく執り行われた。
帰路の道路状況も主要な道は除雪済みで少々の渋滞をのぞけばおおむねよし。
さあ、明日からまた仕事。新型インフルワクチン最後の追い込みである。

|

« 七草がゆと蕎麦 | トップページ | Apple Store 梶ヶ谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七草がゆと蕎麦 | トップページ | Apple Store 梶ヶ谷 »