« 猫の歳 | トップページ | 蕎麦「初代」 »

2009.12.08

銀座うかい亭

銀座うかい亭で誕生日ディナー。誕生日から数日ずれたが、これは仕方ない。子どもたちも招集して銀座へ。

AwabisiogamaUkaisteak「うかい亭」は研修医を終えて勤務した病院が中央道近辺だったので先輩教えられて「八王子うかい亭」へ行ったのが初めて。結婚してからもカミさんと何度か行った。
川崎に引っ越したころに「横浜うかい亭」ができてこちらにも行くようになる。どちらの店も越後の豪商の屋敷を解体移築して造ってある重厚な造り。欅の太い梁は圧巻。
ピカピカに磨き上げられたステンレスと見まがうような鉄板。初めて行ったときにカミさんがこれステンレスですか?って本気で聞いた。
最近では「あざみ野うかい亭」に時々おじゃまする。こちらは前の2店に比べると雰囲気が少し軽い感じがある。
「銀座うかい亭」ができたことは知っていたがどうも「銀座」という所に敷居の高さを感じて行くチャンスがなかった。ミシュランで星も付いているらしい。
その後「表参道うかい亭」もできたらしいので「うかい亭」全店制覇のためにはまず銀座に出撃せねばならないと決意した次第。
鮑の塩竃とサーロインステーキのコース。
結構大ぶりの鮑がうまい具合に蒸されている。ソースも横の鉄板で作る。手際の良さはどの店も同じだが、さすが銀座店、というところか。
ステーキはそのまま何もつけない、タマネギに醤油、粗挽き胡椒など。このステーキの食べ方は結構変遷があるようだ。煎った胡椒というのがなかなかよく合う。
最後はガーリックライス。
デザートは別室というのはどこのうかい亭でも同じシステム。ほとんどいっぱいと思われたおなかもデザートは入る。
私の選んだカスタードプリンが濃厚で一番の当たりだった。
全店制覇のためには次は「表参道うかい亭」か。いつになるだろう。

|

« 猫の歳 | トップページ | 蕎麦「初代」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫の歳 | トップページ | 蕎麦「初代」 »