« SnowLeopardへ移行せよ | トップページ | 心機一転 »

2009.11.07

New iMac がやってきた

発注していた新型iMac27インチがやってきた。開梱してみるとさすがにでかくて重い。でもディスプレイ部分にすべて納まっているのでこれで全部。All in one。

商品がネットでチェイスできるので今日到着することはわかっていた。
今使っているPowerMacG5から環境をそのまま移行するためにFireWireケーブルのオスーオスを準備しておく。
今日の土曜日はインフルワクチンの接種がない日なので、午前の部終了後に移行作業をすることにした。
このくそ忙しいときにこんな事をしているヒマは無いはずなのだが、これは性なのでしようがない。
新しいiMacに電源を入れる。
ジャーンといういつもの音。MacOSX Snowleopardが立ち上がる。ユーザー設定などを済ませると、次は環境の読み込み。FireWireケーブルを繋いでPowerMacG5をターゲットモードで立ち上げて、と裏のコネクターを探ってみたら、FireWire の端子はミニプラグ用なのである。これ以前のiMacはフルサイズのコネクタだったのに。
仕方なくコジマに出かけてミニプラグのオスーオスケーブルを買ってくる。出だしがどうもよくない。
「移行アシスタント」を使ってPowerMacG5のユーザーをそっくり移行。この時ユーザー名がPowerMacG5と新しいiMacで最初に登録したものが同じなので移行する環境のユーザー名を変更した。
100GB あまりのデータが2時間半ほどかかって移行した。
iMacを立ち上げてユーザーを切り替えると新しいiMacの中に以前のデスクトップがそのままあらわれる。メールなどもそのまま送受信できる。ATOKの辞書なども含めてすべて移行できたようだった。
後は電子カルテWINEStyleの設定を変更すればそれでよかろうと思ったらそうではなかった。WINEStyleが立ち上がらない。
サポートのYさんに電話してみると、WINEStyleはマシンのユーザー名を参照しているのでマシンが変わっても以前と同じユーザー名(アカウント)でなければダメというのだ。
そうだったのか・・・
で、どうしてユーザー名を変えるか。電話でYさんとすったもんだすることしばし。
新しく変更したユーザー名でログイン。最初の立ち上げ時に作った重複するユーザー名を削除。
それでもう一度「移行アシスタント」でPowerMacG5から環境を移行する。今度はユーザー名(アカウント)もそのままで移行できる。
ということで、最初の2時間半は無駄な時間となってしまったが、何とか移行作業は終わりそう。
今は、せっせと働いていることだろう。
今日は、ここまで。

|

« SnowLeopardへ移行せよ | トップページ | 心機一転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SnowLeopardへ移行せよ | トップページ | 心機一転 »